topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

石油ストーブの不要品撤去と買取りサービスに出すのは何方が得でしょう

非常時には活躍する石油ストーブ

様々な派手な機能を詰め込んだ暖房器具が登場する中、当該ストーブの魅力は人気に陰りが見えていると感じる人がいるかも知れません。
しかしながら、根強いファンもいる事も確かな事です。
それは、懐古主義をあしらった様な製品もある為、そのデザインを好み、そして長年利用している人もいるでしょうが、それだけが支持される理由ではありません。
恐らく昨今の日本で発生した、かつて無かったタイプの災害が散見されるようになった事も一因と言えそうです。
そして大自然等の脅威から来る、停電という問題にも対応出来る柔軟性が認められたという事も無関係では無いでしょう。
特に、真冬に停電をするとなれば、命にかかわる可能性があります。
こんな時に実力を発揮し、心から有り難いと思えるものが石油ストーブなのです。
勿論、灯油の備蓄も欠かせませんので、出来るだけ早めに準備をしておきましょう。
さて、石油ストーブの世界標準を見ると、どうやらマッチやライターを利用する傾向が見られますが、国内メーカーでは乾電池を利用して動作させるタイプが多く見られます。
また利用する乾電池は、単二タイプや単一タイプが大半を占めている様なので、乾電池の用意は必要不可欠です。
もし手許に単三電池が沢山あり、尚且つ単一や単二タイプの電池の備蓄が無いという場合、改めて非常時用に購入しようとしているなら、変換アダプタの利用を考えて見て下さい。
何故なら、単三電池を含め、単二・単一とも1.5V対応であり、異なるのは乾電池自体の大きさだけだからです。
すなわち大きさだけ変える、変換アダプタを組み込めば、出費を抑制可能という訳です。
しかし、石油ストーブという懐かしささえ感じる暖房器具も、最新式では乾電池もライターの火等を不要とした物へと変化しています。
それは電子点火という方法で、火をつけるタイプであり、これからは主流になるかも知れません。

ストーブの買い換えを見極める

ではストーブの買い替え時はいつかというと、点火作業を行ったのにもかかわらず点火出来ない場合です。
このタイプのストーブは動作する仕組みが比較的単純であり、メンテナンスもしやすいので、きちんとメンテナンスを怠らずにしていれば故障には強い暖房器具です。
ですから、故障という可能性が高いでしょう。
念の為、メーカーはメールや電話等で対応してくれるので、まずマニュアルの裏表紙等に、サービスセンターや修理センター等の電話番号が列挙されている筈なので確認します。
そして問い合わせをする前にマニュアルに書かれている、トラブル一覧を一つ一つ丹念に見て、該当する場合は実際に試して見ることが大切です。
一例を挙げるなら、乾電池を新品のものと全て交換して、点火が出来ない事を確認する等が代表的です。
何故かと言えば、問い合わせをしてもまずは前述した様な事を、やってみて下さいと言われる可能性が高いからに他なりません。
既に検証済みであれば、次の問題に駒を進める事が出来るので、問題解決に貢献するという訳です。
さて、この時ついサービスセンターに問い合わせをしてしまいがちですが、点火しないという様なメカトラブルの場合、欲しい回答を得られない事があります。
ですから、直接修理センターに問い合わせがベストなのです。
そして、見積もりをお願いする訳ですが、その前に概算でどのくらいのコストと時間を要するのかを聞いてしまいましょう。
時期が真冬という場合、コストが安価でも修理完了品が届くのが、数週間掛かると言われたら、喫緊に別のストーブ等の購入の検討開始をしましょう。
もし、予算は十分にあるけれども、同じ物が2台は不要という考えなら、新品を家電量販店等で購入する事を推奨します。
場合によりますが、身体を壊す結果にもなり兼ねないので、決して無駄な買い物とは言えません。

買取りに出してお金に変えよう

引っ越しをするタイミングで、家電製品を全て買い換える等の計画をしているなら、購入してからまだ間もないストーブは、現金化出来る可能性は高いと考えられます。
ですから、粗大ゴミに出すよりも、買取り業者に見積もりを出して貰いましょう。
オークションに出品するという手もありますが、手間暇を掛ける意味があるのかは、微妙な所です。
それなら確実性の高い買取業者を当たり、もし売れなかったらオークションに出す事を考えるという戦略を採るのは賢明と言えます。
さて、買取業者に売る事を考える場合、灯油抜き作業や諸々のメンテナンスをきちんとやっておけば、高値で売りやすくなります。
昨今の暖房器具の買取り業者の傾向を調べてみると、アンティーク調のストーブは、高値が付きやすい傾向にある模様です。
そして秋を売り時と考えタイミング良く、買取り業者選定に動き出せば想定外の金額が付くかも知れません。

住吉区で石油ストーブを処分する前処理について

大阪市住吉区では、ストーブは家電リサイクル法の適用外なので、不要品となった粗大ゴミを自治体に引き取って貰う事が出来ます。
しかし、ただ単純にそのまま粗大ゴミに出してはいけません。
まず乾電池で動作するタイプであれば、それを全て外しておく事が最初に行うべき事です。
次にやらなければならないのは、ストーブに溜まっている灯油を抜く事ですが、完全に抜かなければならないので、少しコツが入ります。
最も簡易な方法としては、ストーブを点火して灯油を完全燃焼させてしまうというのが、モアベターな方法と言えます。
しかし前述の様に故障して点火出来ない場合は、飲み終わった1000mlの牛乳や投入の空き箱を利用する方法を試してみると良いでしょう。
まず、頭の部分をハサミやカッター等で切り落とします。
そして、その中に新聞紙等を丸めて詰め込み、そこへ余った灯油を注ぎ込み染み込ませましょう。
それを燃えるゴミの日に、ポリ袋に入れて出してしまえば完了です。
自分で灯油の処理をするのは心配で堪らないという場合、ガソリンスタンドや、車検等でお世話になる自動車整備工場等にお願いする方法もあります。
この様な施設では、灯油類を扱う事は日常茶飯事でしょうから、適切な処理を行えるノウハウや機器類を備えているのが一般的です。
この様な施設とは日頃縁が無い場合は、忙しくない時に尋ねて行き、お願いするという手もあります。
絶対してはならないのは、面倒だからという理由で家庭の排水と一緒に、流してしまう事です。

住吉区での粗大ゴミを撤去する処理手順

大阪市住吉区での粗大ゴミ処理手順は、まず大阪市の受け付けセンターに電話を入れる必要があります。
次に粗大ごみ処理手数料券なる物を、買い求める必要があります。
大阪市内であれば、住吉区ではなくても構いませんが、コンビニやスーパーマーケット、あるいは郵便局等で発売されているので、適当な所で購入して下さい。
注意事項としては、コンビニやスーパーマーケットで購入する場合、名の知られた所であれば、売っているだろうという考えは捨てましょう。
何故なら、指定のステッカーが貼られていない所では、販売出来ない事になっているからです。
そのステッカーのデザインは、白枠内にオレンジ色の背景、そして粗大ごみ処理手数料券取扱点と書かれており、一番下に大阪市のシンボルマークと大阪市という文言が刻まれています。
例えばコンビニ業界でトップを走るお店や、大手スーパーマーケットでも、必ずしも当該ステッカーが貼られているとは限りません。
処分対象が1台だけであれば、手数料券の4種類ある中の最低料金で済みますが、複数台であれば、その数分だけの手数料券が必要になります。
そして、処理をする物を自分で処分場まで持ち込む方法と、自治体に取りに来て貰う方法があります。
どちらを選ぶかは自由ですが、処理対象が少数なら自治体にお任せした方が良いでしょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091