topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

分別や回収など遺品整理を行うのに必要な資格

片づけなどとは違う遺品整理の難しさ

断捨離やミニマリストなどがブームになり、世の中は物を持たない生活が良いと言う方が増えているかのような印象があります。
確かに、物を増やし過ぎず快適に生活するには、断捨離などを行い部屋にある荷物をシェイプアップすることが大切なのかもしれません。
しかし、遺品整理は片づけなどとは根本から違います。
断捨離やミニマリストになるための片づけは、基本的には自分自身が自分のために自分の荷物を片づけるものです。
一方、遺品整理は、遺された遺族が故人の荷物を遺族のために片づけるものです。
自分自身の荷物ではないため、相続や形見分けなどに必要なものを探索するところから始めなければなりません。
遺族が1人なら自分の一存で取捨選択を決めることができますが、遺族が多いとなかなか決まらないこともあります。
まず、遺された遺族の考えからまとめなければならないため、取捨選択を間違えてしまうと思わぬ確執を呼んでしまうこともあります。
それに、廃棄した後で、必要な書類や大切な貴重品が混ざっていたとしても取り返しがつきません。
そのため、これまでは遺族がじっくり時間をかけて整理を行ったものです。
家族が遠く離れて暮らすことも珍しくなく、片づけのために休みを取ることが難しい現代では、短期間で必要な作業を済ますことができるようにプロに依頼することが多くなりました。
遺品整理士は、忙しい現代人の要望を受けて誕生した資格です。
テレビやドラマ、映画などのテーマとして取り上げられることも多いため、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
映画で注目が集まったのは2009年のことですが、この資格が誕生したのは2011年のことです。
歴史が浅いため軽く考えられがちですが、合格率は60%台で簡単に取得できるものではありません。
この資格を持っている業者なら、ある程度安心して任せることができます。
大阪には資格を取得している業者がたくさんありますから、困った時はインターネットなどで探してみましょう。

重視するのは仕分け・分別

大阪で似たようなサービスを提供する業者には、引っ越し業者やリサイクル業者、不用品回収業者などがあります。
実際、リサイクル業者などが新たに参入するケースが多く、これまでの経験を活かしたサービスを提供して喜ばれているようです。
引っ越し業者やリサイクル業者などサービスは似ていますが、まったく同じではありません。
引っ越し業者なら運んでもらいたいと依頼された荷物を運搬すればよく、不用品回収業者なら不用な荷物をすべて引き取れば問題ありません。
しかし、遺品整理士のもっとも重要なサービスは、荷物の運搬や不用品の引き取りではなく故人の荷物の仕分け・分別です。
故人の大切にしていた荷物を分別し、ご遺族の望むように処分する必要があります。
荷物の持ち主である故人はすでにいないのですから、想像力を働かせながら分別整理しなければなりません。
時にはご遺族に伺いを立てながら、時には経験を活かして大切な書類や品物の探索をする必要があります。
もし、不用品に紛れて重要な品物を捨ててしまったとしたら、ご遺族の嘆きはいかばかりでしょう。
それどころか、相続に必要な通帳や印鑑などを失くしてしまった場合、多大なる迷惑をかけてしまうことになります。
もっとも難しいのは、誰も知らない重要書類や貴重品があるかもしれないということでしょう。
遺族宛ての遺言がチラシの切れ端に書かれていることもあれば、へそくりが雑誌に挟まっていることもあります。
ご遺族も知らない重要なものが、もしかしたら不用品のなかに紛れ込んでいるかもしれません。
それらを探索するのが遺品整理士の仕事だと言っても、けっして言い過ぎではありません。
いわば、仕分け・分別のプロでなければ、ご遺族に満足してもらえるサービスを提供することはできません。

不用品の回収をどうすればいい?

これは遺品の整理だけでなく不用品すべてに言えることですが、一般家庭の不用品を収集・運搬するには一般廃棄物収集運搬許可が必要です。
そのため、遺品の整理で出た大量の不用品を回収してもらうには、一般廃棄物収集運搬許可業者に依頼する必要があります。
しかし、この一般廃棄物収集運搬許可業者は非常に少なく、遺品の整理を業として行っている業者の中で取得している業者はほとんどいません。
なぜなら、一般廃棄物収集運搬許可は、自治体が一般廃棄物の収集・運搬が困難な時に特別に業者に許可を与えることになっているからです。
そのため、新規に一般廃棄物収集運搬許可を出すことはほとんどなく、ましてやリサイクル業者などに許可を出すことはほとんどありません。
ある市が、リサイクル業者からの再三の要望により一般廃棄物収集運搬許可を出した時は業界内でニュースになったほどです。
このような事情があるため、新たに参入した業者が一般廃棄物収集運搬許可を取得していることはほぼありません。
一般廃棄物収集運搬許可を持っていない業者に依頼したとしても、ご遺族が法に触れることはありませんから安心してください。
一般廃棄物収集運搬許可を取得していなくても、不用品を回収することはできるからです。
不用品を買い取る場合や無料で引き取ることはできます。
リサイクル業者などが、不用品を買い取り自社の倉庫などに運ぶことはまったく問題ありません。
倉庫に運んだものでも再販できないと判断すれば、今度は産業廃棄物として廃棄すればいいのです。
そのため、不用品の回収をまじめに行っている業者は、まず古物商許可を取得し、その後産業廃棄物収集運搬許可を取得しています。
古物商許可と産業廃棄物運搬許可の2つ許可を取得しているところなら、まず安心して利用できる業者であると判断することができます。
たとえ、ご遺族が一般廃棄物の処分を産業廃棄物収集運搬許可業者に処分を依頼したとしても、法律違反に問われることはありませんから安心してください。
それにもかかわらず古物商許可を取得している業者は、かなり法律に気を使っている業者だと判断することができます。

家電リサイクル券取扱店舗登録

ただ、これでは家電リサイクル法の対象になっている家電製品の処分を任せることができません。
ご存知ない方が多いようですが、賃貸マンションや賃貸アパートにお住まいの場合、退去する時には大家さんの許可がない限りエアコンは取り外すことが通例となっています。
家電リサイクル法に対象商品は不用品として引き取ることができないため、対象の家電製品を引き取るためには家電リサイクル券取扱店舗登録が必要です。
家電リサイクル法だけでなく小型家電リサイクル法なども施行され、最近は家電製品の処分が難しくなっています。
意外なものが小型家電リサイクル法の対象になっていることもあるため、家電リサイクル券取扱店舗登録をしている業者なら安心でしょう。
その他にも、廃棄物保管許可や相続に必要な家族法・相続法、各宗派の知識などを持っている業者だとさらに安心です。
遺品を整理するのは、故人のためではなくご遺族のためです。
ご遺族に寄り添い、より良いサービスを提供できるよう努力してくれる業者を選びましょう。
それには、どのような資格を取得しているのかチェックすることをおすすめします。
取得しているからといって良いサービスを提供してくれるとは限りませんが、良いサービスを提供するために必要な基礎だということに変わりはありません。
良いサービスを提供することに努力を惜しまない業者なら、進んで取得しているはずです。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091