topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

法人不用品の処分は不用品買取や無料引き取りサービスの活用でコスト削減できます

オフィスをリノベーションする時のゴミ処理について説明します

人件費の削減で会計や経理事務を外注化し、オフィスに常駐する社員数を削減する企業が増えています。
人員削減に伴い、空いたスペースを商談スペースに作り替えたり、交流スペースに作り替えて仕事の効率アップを図るオフィスリノベーションがブームです。
従業員の福利厚生を目的に、オフィスの仕事環境を改善するオフィスリノベーションも人気です。
デスクと椅子を固定しないフリーアドレス制にして、自由空間を増やしたオープンなオフィスは新入社員募集に好感を与えます。
オフィスリノベーションで発生する不要になった事務机や椅子、キャビネットなどは、リフォームする建築会社に依頼すると有料で処分してくれるので、手っ取り早く処分したいときには便利です。
処分費用は産業廃棄物扱いになるため、予想よりも高い金額になるケースが多いです。
不要なコストを削減するには、リサイクル業者に買取の見積もりを依頼するとよいでしょう。
法人不用品を専門に買い取るリサイクル業者も大阪市内にはあります。
電話やメールで問い合わせると、見積もりから買取まで即日対応も可能です。
リノベーションの作業日程に合わせて、買取日時を指定することもできます。
産業廃棄物として処分すると処分費用を支払う必要がありますが、買取に出すと換金できるので、ムダなコストを削減できます。

オフィスのOA機器も賢く処分できます。

オフィスの事務機器やOA機器は、定期的にメンテナンス会社が来社してメンテナンスしていても、購入から7年を経過すると補修部品が生産終了になったりするので、入れ替えを検討する必要があります。
頑張ると10年前後は使えたりもしますが、それ以上は難しいのが現実です。
無理をしながら使用を続けると、ある日突然壊れてしまい、業務に支障をきたします。
古くなって使わなくなった事務機器やOA機器は、金属、ガラス、プラスチックなど複数の素材が組み合わさっているため、産業廃棄物として処分します。
日本では使わなくなったOA機器は、発展途上国ではまだまだ需要があるため、海外に輸出している業者があります。
買取査定を依頼しても金額が付かないケースがほとんどですが、無料回収でも産業廃棄物としてお金を払い処分するより、かなりお得です。

OA機器を処分する時に注意したいことがあります

コピー機やサーバー類、パソコンのハードディスクには機器などの中には、企業の業務内容などの機密情報がデータとして保存されています。
産業廃棄物として処分する前に、保存データの完全消去、破壊作業を行うことはとても大切です。
データ消去を自社で対応できない場合は、保存データの完全消去と、産業廃棄物として適正に処理できる業者に依頼することをおすすめします。
大阪市内には、セキュリティ対策のできる処理業者がいるので、データ消去の費用と処分費用について問い合わせるとよいでしょう。

断熱材をお得に処分する方法があります

法人不用品の中でも、建築廃材はリサイクルが難しく、産業廃棄物として処分すると処分費用が高額になるため、扱いが難しい不用品です。
近年、グラスウールはリサイクルする業者が増えてきたため、建築廃材の中で大きな割合を占める断熱材は、産業廃棄物以外の方法で処分が可能になりました。
グラスウールの再生技術が確立したので、産業廃棄物の減量に役立つ優れた断熱材として再評価されています。
グラスウールのリサイクルは、有料での引き取りや運搬経費の負担などが求められるケースが多いですが、産業廃棄物として処理する費用と比べると、格段に安上がりです。

廃プラスチックもお得に処分できます

廃プラスチックの処分方法は、これまでは産業廃棄物として、高額な処分費用を業者に支払い処理を委託するのが一般的でした。
現在では大阪市内に、廃プラスチックを買い取る業者が数社あり、指定の場所まで回収に来て、買取しています。
高額な費用を支払って処分していたのがまるで嘘のように、廃プラスチックがお金にあるので驚いている経営者の方は多いです。
買取価格が付く廃プラスチックは、状態がきれいである必要がありますが、それほど状態が良くない場合でも、無料で引き取りしてもらえるケースもあり、お金を払って産業廃棄物として処理するのに比べると、大幅な経費節約になると評判です。

一般廃棄物の処分は自治体に相談しましょう

基本的にオフィスや事業所が出すゴミは、一般家庭から出るゴミとは別ルートで処理する事業系ゴミの扱いとなります。
産業廃棄物の場合は、少量でも厳格に管理し処分しなければなりません。
自治体によっては、量の少ない一般廃棄物については、随時相談して自治体のごみ処理場での処分が可能な場合もあります。
環境省のマニュアルを見ると、一般廃棄物については事前に自治体に相談するようにとあります。
大阪市の場合は、事前にゴミ処理施設に連絡し予約すると、事業系ゴミの一般廃棄物については、自分で持ち込んで処分が可能です。
手間と時間はかかりますが、処理業者に依頼する費用と比べると格段に安上がりなので、トラックなどを持つ会社は空き時間などを活用して、自社で処分しているところが多いです。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091