topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

遺品整理だけではなく、仏具の処分にも対応をしている業者を選ぼう

忙しい時には業者を呼ぼう

故人が亡くなった際には、身の回り品などの片付けをしなくてはいけません。
しかしお葬式やお墓や法要の準備をはじめ、その他並行して行わなくてはいけないことも多いです。
片付けをしなくてはいけないと分かってはいるが、忙しくて手がつけられないとこともあるでしょう。
また人手が足らないという状況もありますので、その際には業者にお願いをすると良いです。
どうしたいのか、また現在の状況などを伝えると最適な方法を提案してくれます。
故人が賃貸住宅に住んでいたなど、今後は自宅を引き払う場合には急いでいることも考えられます。
いつまでには片付けたいなど、日にちの希望も伝えると良いでしょう。
故人が亡くなった時には忙しい旨は業者も承知しており、その点を気遣いながら作業の日にちも決めてくれます。

片づけが進まないこともあるでしょう

遺品のお片付けをするというのは、簡単にできることではないかもしれません。
片付けようと思っても、故人が亡くなったことが受け入れられないなどの理由で片づけが進まないこともあります。
これもあれも捨ててしまうのか、どんどん思い出がなくなっていくと躊躇することもあるでしょう。
遺族だけで片付けをしようとすると進まないというのは、決して珍しいことではありません。
大阪にも多数お片付けを手伝ってくれる業者がありますので、作業を依頼しましょう。
何を残しておくべきか、また手放しても良いものなどアドバイスも聞けます。
またご遺族の心に寄り添ってくれるスタッフも多く、片付けようと決心がつくこともあります。
時には故人の話をしながら、一緒に作業をすることも出来るので相談してみましょう。

仏具の取り扱いについて

故人の遺品の片づけが進まない理由はさまざまですが、今後使用しないが捨てることには抵抗があると、なかなか処分が出来ないことも多いでしょう。
さまざま捨てられないものがありますが、中でも仏具については躊躇されるのではないでしょうか。
お守りが出てきた、ずっと飾っていた人形をどうしようか、仏壇があるが大きいので置き場所に困るなどの事例があります。
遺品整理をお願いする際ですが、御魂抜きにも対応をしている業者を選ぶのもおすすめです。
位牌や仏壇を手放す際に行う儀式のことですが、位牌や仏壇は使い始める時に僧侶によってお魂入れが行われています。
そのため魂が宿っていると考えられており、そのまま捨てることには抵抗があると一般的に考えられています。
魂をぬいてただの物に戻すことで、安心して手放せると喜ばれています。

業者によりサービス内容が異なります

位牌や仏壇などを手放すときには、僧侶や神官に魂を抜いてもらうでしょう。
自身で僧侶や神官を手配しても良いですが、どこに声をかけたらよいのか分からない、他にもすることがあり時間がとれないといった際には相談をしましょう。
遺品のお片付けを行う際に、業者が僧侶や神官を手配してくれることがあります。
実際自宅に呼んでもらう方法、お寺さんなどに持って行ってもらい供養をしてもらうなどがあるので選択しましょう。
はじめてのことだから分からないなど不明な点がある際も、業者に相談をすると答えてくれます。
合同供養を代行してお願いをしてくれるのか、お焚き上げに対応をしているのかなど業者によってサービスの内容もさまざまです。
自身が納得が出来る方法、また希望する方法にて依頼出来る業者を探すのもおすすめです。

取り扱いに困る遺品も相談をしよう

家族や親戚が亡くなり遺品を片付けていたら、仏壇などをはじめ捨ててしまっても良いのだろうかと悩むものが多数出てきたと悩むこともあります。
仏様が宿っていると考えられているもの、故人が大切に身につけていたものについては、どう扱って良いのか素人では判断が出来ないこともあるでしょう。
遺品の片付けを手伝ってくれる業者も多数ありますが、そういった素人判断が出来ないものについて丁重に取り扱ってくれる業者もいます。
仏壇や位牌だけではなく、故人が使用していた布団や写真アルバムなどお焚き上げや供養の相談に応じてくれるケースもあるので利用しましょう。
寺院と提携している業者も多く、一般のゴミを燃やしていない焼却施設にてお焚き上げをしてくれるケースもあります。

お布施や宗派など相談をしてみましょう

仏壇や位牌やお葬式に使用した遺影や香典袋など、手放したいと思った時には業者に相談をしましょう。
御魂抜きやお焚き上げや供養など、さまざまな方法を提案してくれます。
僧侶や神官を自宅に招くこともありますが、その際にはお布施などどうすればよいか迷うかもしれません。
はじめてだからいくら用意をしたらよいかわからないなど、不明な点があれば遠慮なく質問をしましょう。
一般的にいくらなどと教えてくれる業者もありますし、その他用意をしたほうが良いものがあればアドバイスを聞けることもあります。
宗派があるご家庭もあるかと思いますが、さまざまな宗派に対応をしている業者もあるので聞いてみましょう。

費用やサービス内容を調べておきましょう

大阪で遺品整理の依頼を受けている業者は多数ありますが、仏具の処分についても対応が可能な業者も増えてきました。
そして業者によって、合同供養は代行して手配出来るがお焚き上げは対応をしていないなどサービス内容がさまざまです。
加えて費用も業者によって異なりますので、よく確認をしてから依頼しましょう。
遺品のお片づけの見積もりをお願いする際に、供養の対応をしているか、またどれぐらいの費用で行ってもらえるのか聞いておきましょう。
複数社見積もりをとって費用が1番安い業者に依頼される方も多いですが、希望するサービスがなければ意味がありません。
後々困らないように、事前に業者のサービスについてよく調べておくことをおすすめします。

全て捨ててしまうのはもったいない

長らく入院をしていた、施設に入居をしていた家族や親戚が亡くなりお片付けをすることがあるでしょう。
自宅を長く開けていたから、実際片付けをしようと思ったらものが溢れていて手に負えないと困る事例も多いです。
そういった大変な状況でも業者は片付けをしてくれますが、ただものを捨てるだけではなく、リサイクルが可能なものや今後も使えそうなものを仕分けてくれる業者を選びましょう。
トラックに荷物を積んで、全て処分をするというのは悲しいと感じるか方もいらっしゃるでしょう。

リサイクルや買取対応をしてもらいたい

遺品整理をしていて不用になったものは、リサイクルが可能であればリサイクルに出す、まだ中古品として需要があるので買取をするなど対応をしてくれる業者も多いです。
洗濯機や冷蔵庫やテレビなどの家電製品、ソファやタンスやベッドなどの家具類など使用できるものもあるでしょう。
買取をしてもらうことで、遺品のお片付けの費用も軽減出来るので活用しましょう。

無償提供も利用しよう

遺品整理を行っていると、買取はできないがまだ使えるから捨てるのがもったいないものが出てくることも多いです。
タオルやお皿やお鍋や寝具など、そのほかにも状態が綺麗なものもあります。
業者によっては、そういった買取は出来ないが使えるものは無償提供を代行して行ってくれます。
未使用のおむつなども需要があり、老人ホームなどの施設で利用されることもあります。
なんだか捨てるのがもったいないと、遺品のお片付けが進まない時にはそういった無償提供を行ってくれる業者を探すのもおすすめです。
傷が入っているなどの理由で買取が出来ない家具や電化製品なども、無償であれば譲って欲しいと考えている方はたくさんいらっしゃいます。
事務所で使用するから、少々汚れていても良いなどとテーブルや椅子をひきとってくれることもあるので利用しましょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091