topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

事業系ゴミを回収して欲しい時にはどのような方法がよいか考えましょう

責任をもって事業者が処分をしましょう

家庭から出るゴミは、市町村の自治体に収集をしてもらうことが出来ます。
しかし企業から出たゴミは、家庭から出るゴミのように自治体に収集をしてもらうことが出来ません。
飲食店や病院や事務所など企業から出るゴミは、その事業者が責任をもって処理をする必要があります。
自治体に収集してもらえないからといって、ゴミ置き場に放置すると違法になります。
市町村によって細かくルールが異なりますが、大阪市の場合は市が許可をしている収集業者と契約をして収集をしてもらわなくてはいけません。
いくつか業者があるので、気に入ったところと契約をすれば問題ありません。
業者の連絡先が分からないときは、市に連絡をして教えてもらいましょう。
事業系一般廃棄物と産業廃棄物の2種類に大きく分けられますが、それぞれ収集をしてくれる業者が異なるので確認の上で契約をしましょう。

事業系一般廃棄物と産業廃棄物があります

木製の机や椅子、綿で出来た作業服、食べ物のゴミなどは事業系一般廃棄物となります。
市内にも多数事業系一般廃棄物を収集してくれる業者がありますが、事業系一般廃棄物であればなんでも収集してくれる業者がほとんどです。
木製の机や椅子や食べ物のゴミなど、同じ袋に入れてもよいかなど業者によって細かく決まりが設けている可能性があります。
収集をしてもらう際どういった点に気をつけなくてはいけないのか、袋や箱は何を使えば良いかなど決まりを確認しましょう。
発泡スチロールや空き缶や空き瓶や茶碗などは産業廃棄物となり、産業廃棄物を収集してくれる業者に依頼をしなくてはいけません。
事業系一般廃棄物と産業廃棄物があわせて出る場合、まとめて収集をしてくれるかどうかも確認をしましょう。
別々の収集になることも多く、多数の業者と契約をしなくていけない可能性もあります。

どんな産業廃棄物が出るのか

産業廃棄物を収集してくれる業者が多数ありますが、それぞれ対応範囲があるので気をつけましょう。
発泡スチロールや食品トレイやカーテンなどの合成繊維くずは廃プラスチック、空き瓶や茶碗などはガラスくずや陶磁器くず、空き缶やペンキ缶などは金属くずなど細かく分類することが出来ます。
産業廃棄物を収集している業者は、ガラスや陶磁器くずは対応をしているが金属くずは対応をしていないなど、対応範囲が限定されています。
産業廃棄物が出る企業も多いですが、どういった産業廃棄物が出るのかによって業者を選ばなくてはいけません。
日頃どういったゴミが出るのか確認をして、どの業者と契約するか考えましょう。
工場を持っており日々ゴミが出るが、製造する商品によってゴミの内容が変わるなど、ゴミの内容がいつも同じではない企業もあるでしょう。
日頃よく出るゴミは何か、一時的に出るゴミは何かなど細かく把握しなくてはいけません。

収集をしてもらう方法

従業員が休憩中に食べるお弁当のゴミがよく出る、事務業をしているので毎日紙ゴミが出るなど、頻繁に収集をして欲しい場合もあるでしょう。
業者と契約をするときには、どれぐらいの頻度で収集をしてもらうのか話をしましょう。
1週間に数回来てもらうのか、毎日来てもらうのか、それとも単発できてもらうのかなどさまざまなプランがあります。
頻繁に業者に来てもらうのであれば、毎回立ち会いをするのが面倒だと感じるかもしれません。
場所を決めておいて、ゴミを出しておけば業者が来てくれて収集をしてくれるとの方法をとっている企業もあるでしょう。
何か確認をしたいことがあれば連絡が入る、単発で収集をする者だけ立ち会いをするなど都合の良いように契約をしましょう。

移転をする時には

事務所やお店を移転することになり、片付けをしなくてはいけないが人手が足りないと困ることがあるでしょう。
また不用品がたくさん出るので、どう処分をすればよいか教えて欲しいと悩むこともあります。
その際は不用品やゴミを収集してくれる業者に依頼をして、スムーズに片付けてもらいましょう。
家庭から出るゴミであれば、自治体に収集をしてもらえるものも多く片付けられるかもしれません。
しかし事業系ゴミは自治体に収集をしてもらえないので、どう分別をすれば良いのか、どこに依頼をすればよいのかと悩む企業も多いです。
事務所の移転でしたら、椅子やテーブルやエアコンやカーテンなど、さまざまなものを回収して欲しいと希望されるかもしれません。
廃プラスチックを含めて、さまざまなゴミや不用品を持って行ってくれる業者を探しましょう。

中古品も需要があります

事務所を移転するから不用品やゴミが出ると、業者に依頼される方もいらっしゃるでしょう。
しかし全てゴミとして捨てるのではなく、中古品として買取してもらないか聞いてみましょう。
机やテーブルやカーテンなど、中古品として販売することが出来る状態であれば金額をつけてもらえるかもしれません。
事務所で使いたいから、お店で使いたいからと中古品でも良いので手に入れたいと考えている方もいます。
訪問してもらった際に、査定をしてくれる業者もあるので活用しましょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091