topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

遺品整理は適正な処分をしてくれる実績と経験豊富な企業にお願いしよう

遺品が大量にあってお困りなら

一人の方が亡くなると、残されたご家族も驚くほどの遺品が部屋に残されていて、処分に困るものです。
お一人暮らしになっていた高齢者などが亡くなり、ご自宅に誰も住む方がいなくなるケースなどでは、一戸建てやマンション丸ごと、中に入っている家財の処分が必要となります。
相続しても誰も住む方がおらず、空き家として持ち続ける場合、使用の有無を問わず固定資産税や都市計画税などの支払いが必要となります。
そのうえ、大阪では空き家の放置が問題化され、自治体でもそれぞれ対策に乗り出しているので、倒壊しそうな空き家を放置したり、雑草が伸び放題になっていたり、内部の家財が腐ったりして悪臭を放ったりすれば、行政からの注意がなされたりすることもあるので、早めに対策を取らなければなりません。
空き家に住む方がいないなら、売却するか賃貸するか、解体して更地を他の用途に利用するか、売るというのが1つの方法となります。
いずれの場合でも家財ごとの売却や賃貸、解体は難しいので、遺品を片付ける必要が生じます。
また、亡くなられた方のお住まいがマイホームではなく、賃貸住宅であった場合には、そのままの状態では家賃の支払いが必要になってしまいます。
相続人の方が少しでも費用を抑えたいなら、早めに家財を片付けて賃貸住宅の明け渡しが必要になります。
借りていた本人が生きているケースなら引越しという形で、新居に荷物を移動すればいいわけですが、本人が亡くなっていない以上、持って行く先もなく、どう処理するのかが問題となります。
いずれのケースでも、残されたご家族やご親族のみで片付けるのが手間も労力もかかります。
専門の遺品整理業者に頼めば、お部屋なら半日から1日程度で、戸建て住宅などでも1日から数日あれば片付けができます。

経験豊富な専門業者を探そう

住宅全体の引越しなら数時間で終わるところ、なぜ半日や数日といった時間がかかるのかといえば、丁寧に仕分け作業を行うためです。
遺品整理は単なる引越しや不要品回収とは異なるサービスとなります。
なぜなら、ご遺品の中にはご家族が手元に残しておきたい思い出の品や形見の品をはじめ、相続の対象となるような宝飾品やブランド品、美術品や骨董品などの高価品も紛れているほか、遺言書やエンディングノート、故人様の思いや記録がつづられている日記や手帳、相続手続きに欠かせない不動産の権利証や預金通帳、借用書や保険金請求に必要な保険証券なども紛れこんでいる可能性があります。
そのため、時間内に全ての家財をトラックに積み込み、新居に運ぶことが目的の引越しや、不要な物として全て回収する不用品回収とは目的も異なり、作業の流れやかかる時間も異なってくるのは当然といえるでしょう。
逆に言えば、遺品整理の本来の目的を無視して、片っ端からゴミとして回収をしたり、とにかく運び出してトラックに乗せていく業者には任せられないわけです。
遺品のお片付けをお願いする際には、遺品のお片付けサービスを専業にしている企業や、実績が豊富な企業に依頼するのが安心です。
中には遺品整理士という専門資格を持つスタッフがいる企業もあるので、より安心の仕分けサービスやご遺族の思いを反映してくれる業者に依頼したい方は、専門資格を持つスタッフがいる人気の企業を探してみるといいでしょう。

大型の家具や重量のある家電製品などにお困りなら

こまごましたものはご家族で片付けたものの、中身がなくなった大型の家具や、使わないテレビや冷蔵庫などの重量のある家電製品の型付けに困っているというご家庭は多いものです。
というのも大阪では大型の家具は粗大ごみとなり、原則としてご家族で回収の予約をした日に家の前まで出しておくのが原則だからです。
ご家族が一人であったり、高齢者世帯や女性のみのご家族では、タンスやベッド、ソファなどを運び出すのは困難です。
ですが、遺品整理の業者にお願いすれば、大型の家具が二階にあったとしても、階段しか使えない戸建て住宅やアパートであったとしても、スタッフがスムーズに搬出して適正に廃棄をしてくれます。
ブランド家具や高級レザー家具などで状態がいいものは、買取してもらえるケースもあるので、有料となる粗大ごみに出すよりお得な場合もあります。
一方、テレビや冷蔵庫、洗濯機やエアコンなどの一部の家電製品は家電リサイクル法の対象となり、状態やサイズを問わず、リサイクル料が必要となります。
所定の手続きをとってリサイクルが必要になりますが、遺品として片づけをお願いすれば、製造からまだ新しく状態が良ければ買取もしてもらえますし、部品などがリサイクルできるとして無料回収をしてもらえるケースもあります。
有料となる場合でも、リサイクルも含めて対応してもらえますので、細かな手続きをいちいちとるよりも気軽に任せることができます。
人気のある業者は単なる回収や廃棄だけでなく、買取サービスも同時に行っている業者ですので、頭に入れておきましょう。

賃貸住宅のオーナーさんや不動産管理会社の方も頼れる業者

近年は大阪でも孤独死や、亡くなった方に身寄りがおらず、遺品の引取り手や片付ける方もいないというケースも増えています。
賃貸住宅にお住まいだった方が亡くなられても、親族に一向に連絡がつかない、身寄りがいないらしいと判明した場合、賃貸住宅のオーナーさんや不動産管理会社の方は困ることになります。
この点、ご遺体については身寄りがないという場合、大阪の自治体で火葬して遺骨を預かるなどの措置を講じてくれますが、残されたお部屋や家財については賃貸住宅のオーナーさんや不動産管理会社の方が費用をかけて処分をする必要に迫られます。
この点、大阪ではゴミの分別ルールも細かく分かれており、家財も1つ1つ種類や素材、大きさごとに分けて、指定されたゴミの日に所定のルールに従って捨てなければなりません。
たとえば、最大の辺が30センチを超えれば、粗大ごみとして有料処分となりますし、テレビやエアコン、洗濯機や冷蔵庫などの一定の家電製品は家電リサイクル法に基づき、リサイクル料金を払っての処分が求められます。
また、大量の書籍や新聞、雑誌などは古紙回収、衣類は古着回収など細かく分かれているので、いかに入居者のものであったとしても、忙しいオーナーさんやスタッフが限られる不動産管理会社で1つ1つ捨てて行くのは気の遠くなるような作業です。
そこで、賃貸住宅のオーナーさんや不動産管理会社の方も頼れる業者を探して依頼するのがおすすめです。
一般廃棄物収集運搬業の許可や産業廃棄物処理業の許可を得ている企業であれば、事業主の方も安心して依頼ができます。
仕分けやゴミの分別はもちろん、買いとれるものがあれば買い取ってくれる業者であれば、費用も抑えることができます。
さらにハウスクリーニングも手掛けてくれる業者も人気です。
賃貸住宅の場合、次の入居者のためにキレイに掃除をしたり、リフォームをしたいところですが、ハウスクリーニングに加えてリフォームまで行ってくれる業者もあります。
また、孤独死で発見が遅くなったケースなどでは特殊清掃を行ってくれる業者や、状態が酷い場合には部屋や貸家の解体作業まで依頼ができる業者もあるので、状態や目的に合わせて、最適なサービスをワンストップで受けられる業者を探してみるといいでしょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091