topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

不要品の処分方法と、費用を抑えるコツについて

電気ストーブの廃棄方法と、廃棄の目安について

不要となった電気ストーブの廃棄でお困りではありませんか?
電化製品類は可燃ゴミと違って適切な方法で廃棄する必要があるので、費用の用意や排気方法の検討などの準備をしなくてはいけません。
電気ストーブは粗大ゴミとして扱われるので、一般的な粗大ゴミの廃棄方法と同じやり方で廃棄することができます。
粗大ゴミの廃棄方法は大きく分けると、個人で行う方法と業者に引き取ってもらうやり方の二種類となっています。
それぞれ必要な費用や作業時間などに違いがあるため、ご自身の都合等に合わせて選ぶのが良いでしょう。
廃棄するかどうかの目安として、耐久年数を確認することと、使用時に異常が見られないかを確認することが挙げられます。
家電類には耐久年数と呼ばれる寿命が存在し、安全に使用することができる一種の目安となっています。
使用状況などによって異なりますが、家電の耐久年数はおよそ8年程度と言われています。
そのため、購入してから8年以上経過している場合は廃棄を検討するのが良いでしょう。
また、長年使用し続けていると電源コードや機械部品の劣化が起こって、機能に支障が出ることがあります。
特に電源コードの劣化は、コンセントからの出火や漏電などを起こすことがあり、火災や感電に繋がる恐れがあります。
そのため、煙が発生したり電源が入らないなどの異常が発生したらすぐに使用を中止し、早めに廃棄をするのが良いでしょう。

粗大ゴミは自治体に処分してもらいましょう

個人で行う廃棄方法では、自治体に依頼をするのが一般的となっています。
自治体に依頼をするメリットとして、廃棄の許可を得ているので適切な方法で廃棄ができることと、個人で行う作業が多い分廃棄費用が安い点が挙げられます。
そのため、費用をなるべく抑えたいという方にオススメの方法です。
自治体に粗大ゴミ廃棄をしてもらう場合、粗大ゴミの大きさに応じた粗大ゴミシールを貼っておく必要があります。
粗大ゴミシールは郵便局やコンビニで購入することができます。
粗大ゴミシールが貼られていないと廃棄してもらえないため、貼り忘れに注意しなくてはいけません。
どのシールを貼れば良いか分からない場合、自治体や粗大ごみ回収センターに問い合わせることで教えてもらえます。
適切なシールを貼り付けるためにも、あやふやな場合は一度問い合わせるのが良いでしょう。
シールの貼り付けで注意することは、見える場所に張り付けることと、剥がれ落ちないようにすることが挙げられます。
雨などの悪天候時にはシールが剥がれやすくなっているので、天気が悪い場合はテープなどで補強するのが良いでしょう。
また、自治体に依頼をする場合は、各自治体ごとに定められた規則に従う必要もあります。
具体例として、粗大ゴミは定められた日に出すことや、金属部品を取り外すことができる物はなるべく外しておくなどがあります。
規則に従うためにも、専用のサイトなどに記載されている注意事項を確認しておくのが望ましいです。
一般的に、粗大ゴミは回収場所まで各自で持っていくようになっています。
時間に間に合うように予め回収場所を確認しておき、当日までに準備をしておくのがオススメです。

持ち運びが大変な場合、回収業者に依頼をしましょう

業者に依頼をする廃棄方法として、不要品回収業者に依頼をする方法があります。
不要品回収業者に依頼をするメリットとして、片付けたいと思ったものをいつでも引き取ってもらえることと、自宅まで回収に来てもらえるので個人で運ぶ手間が掛からないことが挙げられます。
そのため、廃棄したい物が複数個ある場合や、なるべく早く片付けてしまいたい場合にオススメの方法となっています。
回収業者への依頼は、電話かインターネットで申し込むようになっています。
インターネットなら24時間受け付けていることが多いので、忙しい場合や急な場合でも申し込めれるようになっています。
回収業者に依頼をする場合、悪質な業者に依頼を出さないように注意しなくてはいけません。
悪質な業者は後から不当な金額を要求してくる他に、回収した不要品を不法投棄している場合があります。
トラブルに巻き込まれないようにするためにも、信頼できる業者に依頼を出す必要があります。
そのため、無料や格安で回収できる場合なぜ費用が少なくて済むのかといった理由や、処分の許可を得ているのかなどを依頼前に確認するのが良いでしょう。
新しいものに買い替える場合に限り、購入先の家電量販店に引き取ってもらえることがあります。
その場合は回収業者に依頼するよりも安く済ませられるようになっているので、買い替えを検討している場合は購入先に引き取ってもらえるか尋ねるのが良いでしょう。
また、自宅内に回収作業に来てもらう場合、部屋の片付けをしておく必要があります。
作業をしてもらう部屋が散らかっていると、業者の方が作業しにくいだけではなく、転倒や家具の破損に繋がる恐れがあります。
安全でスムーズに作業をしてもらうためにも、通路や部屋の片付けは済ませておくのが望ましいでしょう。

買取り業者に買い取ってもらえれば、収入に繋がります

不要品を集めている業者には、回収業者の他に買取り業者があります。
回収業者と異なり、不要品を商品として買い取ってもらえるので、出費ではなく収入が発生するという特徴があります。
そのため、処分費用を最も安く済ませられる方法と言い換えることができます。
買取り作業の流れは、買取りできるかどうかの査定から始まるようになっています。
査定に合格したら買取り価格が提示され、依頼主が納得したら取り引きが成立するという仕組みになっています。
お得に処分するためには、なるべく高額で買い取ってもらう必要があります。
買取り価格は、商品の状態や付属品が揃っているかなどの条件によって変動します。
そのため、査定の前には商品についている汚れを綺麗にしておき、説明書や保証書といった付属品を揃えておくのが良いでしょう。
また、電気ストーブといった家電製品類は、使用されている金属部品自体に価値があることが多くなっています。
そのため、自分では買取りはできないだろうと思える物であっても査定を受けたら買取ってもらえることがあるので、最初は回収業者ではなく買取り業者に依頼を出すのが効率的であると言えるでしょう。

費用を抑えるためのコツについて

必要な費用を抑えるコツとして、業者ごとの費用を比較して最も安い業者を選ぶ方法があります。
多くの回収業者では、専用のサイトに必要な費用を大まかに見積もることができる機能が付いています。
廃棄してほしい物の情報を入力するだけなのですぐに調べられるようになっており、より正確な情報を入手することができるようになっています。
そのため、費用の比較の際には見積もり機能を利用するのが良いでしょう。
また、依頼を出す業者は、作業に来てもらう地域に近い業者にするのがオススメです。
作業場所から遠い業者に依頼を出してしまうと、移動費などの手数料が発生してしまうことがあります。
そのため、生野区に来てもらう場合、生野区にある業者か、生野区まで無料で作業に来られる業者だけをピックアップしていくのが効率的です。
自分に合った処分方法を見つけて成功するためには、様々な方法を比較検討することが重要となっています。
そのため、情報収集をしっかりとして、早めに準備に取り掛かることが最も重要であると言えるでしょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091