topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

遺品整理で処分する物は負担を軽くする意味でも業者に依頼することを検討しよう

遺品整理とは

遺品とは、貴金属、骨董品、などの資産価値のあるものから、写真、趣味の物など形見分けとしての物と思いがちですが、家具、家電などの生活用品まで、故人が所有していた全て物もです。
それらの物を全て残して置くものと、廃棄する物に仕分けし、故人の住居から全て輩出し、清掃または必要であれば原状回復までをします。
故人が所有していた膨大な荷物を、残すものと捨てる物との仕分け、売却と廃棄をいかに効率よく作業を進め終えるかが重要になります。
いつから遺品の整理を始めるという決まりはありませんが、一般的に四十九日の法要の前後が多いようです。
葬儀後は葬儀に参列してくれた方のお礼、遺産相続、故人が亡くなられたことで生じる様々な役所や行政の手続きと届け出など多忙ですが、葬儀直後から遺品を整理し、四十九日の法要で親族が集まる時に形見分けの品を渡すことが理想でしょう。

自力で作業をするのは無理

しかし、現実は厳しいものがあります。
故人の亡くなり方では、遺族の気持ちの整理にも時間がかかってしまいます。
また、引っ越しや部屋の片づけと違い持ち主が故人となられているので、どこに何があるのかもよく分からず、品物に対しても価値があるものなのかも把握できません。
遺品を整理する人は故人の家族や親しい親族の場合が多いため、遺品に対しての思い入れが深く、仕分け作業もはかどりません。
このような状況の中、故人の膨大な荷物を整理し、廃棄するのですから作業に参加する人手にもよりますが、数日は確保することが必要です。
特に大変な作業が捨てる物の分別作業です。
昔は燃えるゴミと燃えないゴミぐらいの分別でゴミを収集してくれていましたが、最近は環境問題もあり細かく分別をしなくてはいけなくなりました。
大阪市では、環境への負荷をできる限り低減させるためには、天然資源の消費を抑制し、地球温暖化防止にはできるだけゴミを減量することと考え、分別収集を実施し、リサイクルを推進しています。
そのため、分別収集対象品目は普通ゴミの他に資源ごみ、容器包装プラスチック、古紙・衣類とあります。
対象品目以外の異物や汚れが混ざるなどリサイクルに支障をきたすと判断されると、啓発シールを貼り、収集せず残置されるという分別ルールに徹底しているのです。
その中での捨てる物を分別し、家具や家電などの粗大ごみの廃棄作業は自力だけでは無理があります。

遺品整理業者の仕事

遺族だけで片付けることが困難な場合に、代行し補助してくれるのが遺品整理業者です。
仕事は主に遺品を整理し、部屋から搬出し廃棄してくれます。
もちろん、煩わしいゴミの分別作業や、家具や家電などの粗大ゴミの廃棄の手続きもしてくれます。
搬出後の部屋の清掃、必要であれば部屋の原状回復、特殊清掃もします。
遺族が関わることなく全ての作業を依頼することも可能ですし、遺族と共に作業を進めることもできます。
他の品を廃棄する時には抵抗がなくても、遺品だとゴミと一緒に廃棄されることに躊躇する品物があります。
それらも、供養して廃棄してくれるサービスもあるので、遺族は安心して任せられます。
また、遺品整理士の資格を持つスタッフが作業員の中にいる場合が多く、遺族の気持ちに配慮した遺品の扱いをしてくれます。
遺品の整理が負担という場合は、利用することも大切です。

遺品整理業者で失敗しないために

遺族のニーズによって多くの遺品を専門に整理する会社は増えましたが、もともとは不用品回収業者がこの部門に進出してきた場合もあり、遺品というデリケートな物の扱いが不適切というクレームもあります。
遺族は大切な身内を亡くして精神的にも不安定なところに、配慮に欠けた扱いをされると辛いものがあります。
そうならないためにも、失敗しない選択をしなければいけません。
まず、遺品を廃棄することを希望するのであれば一般廃棄物収集運搬業の許可証があるか確認することが必要です。
この許可証がないと、家庭から出る廃棄物を処理することはできません。
また、買取を希望するのであれば、古物商許可も必要です。
この許可証がないと中古品の売買は出来ないのです。
そして、遺品整理士が在籍しているかも重要です。
しかし、インターネットで捜してみると余りにも多くの会社がありどれを選べばよいか迷ってしまいます。
そのような時は、口コミや評判、料金などでランキングされているサイトがあり、それをみると人気の業者がわかります。
多くの遺族が初めての経験ですので、このようなサイトを利用すると大まかな雰囲気が分かるでしょう。

遺品の処分だけ依頼する

遺品は他人には触れてほしくないという遺族も多いはずです。
故人が女性であれば、年齢に関係なく他人の異性には触れてほしくないと思います。
会社によってはその点に配慮し女性だけのスタッフを派遣してくれる場合もあるので相談するとよいでしょう。
また、全てを任せると料金も高くなるので、遺品の処分だけの利用もできます。
その場合は遺品整理業でなくても不用品回収業者を利用しても良いでしょう。
遺族が無理な作業を負担してもらうと考え、できるだけ遺族で作業をした方が費用も抑えられます。

遺族も高齢者になる時代

遺族だけで遺品を整理することは故人を偲び、送り出すという大切な事ですが、実際は無理があります。
高齢化社会となった現在は、遺族も確実に高齢化しています。
そして、少子化で家族の人数も少なくなってきています。
遺品の整理は遺族でするものという概念を捨て、労力、時間、精神の負担を軽くするためにも遺品整理業者を利用することは必要な時代なのです。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091