topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

遺品整理で不用品を買い取りする場合は人気のある会社に

遺品整理とは何をすることか

遺品整理とは、亡くなられた人の所有物である遺品を必要な物と処分する物に仕分けをし、処分する物を搬出し、搬出後の部屋を清掃または原状回復することです。
しかし、遺品は所有者が亡くなられているという事もあり、扱いはデリケートな物です。
それは、遺品には故人の思いや、遺族が故人を偲ぶ気持ち、大切にしている思い出が詰まった品物だからです。
単に、部屋にある品物を廃棄し、部屋を綺麗にする事が遺品を整理したとは言えないのです。
遺品を整理するという事は故人と遺族に対する配慮といたわりが必要とされる作業です。

遺品整理に費やされる時間と労力

遺品を整理するのには多くの時間と労力が必要です。
まずは、遺品の仕分け作業です。
故人が今まで生活に必要としていた品物である遺品の中には様々な物があります。
電化製品、日用品などの家財道具、移動手段として利用していた自動車、また、趣味のものであれば、ゴルフ用品などです。
例えば、自動車を廃車にするとなるとまず、自動車解体業者に車を引き渡して車両を処分、必要書類やナンバープレートを揃えたら、普通自動車であれば、管轄の運輸支局、軽自動車であれば管轄の軽自動車検査協会に行きます。
あとは各窓口で必要な書類の永久抹消登録申請書、手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書などに必要事項を記入して、全て提出して廃車にしなければいけません。
自動車1台を廃車にするだけでもこんなにも時間と労力がかかります。
家財道具のようにこまごまとした物の中から、必要な物と処分する物に仕分けし、処分する物にはそれに遭った適正な処分をしなければいけません。
特に、最近は環境問題を考えてゴミの減量化が推進されています。
そのため、ゴミも細かく分別しなければいけないので、この作業が大変労力のいるものなのです。

自治体のゴミ収集を利用する方法

大阪市は、限りある天然資源の消費を抑制し、地球温暖化防止など、環境への負荷をできる限り低減させるため、分別収集を実施し、リサイクルを推進しているので特にごみの分別には徹底しており、ルールにそって分別をしていない場合は啓発シールをはり、残置され収集されません。
分別収集対象品目は普通ごみ、資源ごみ、容器包装プラスチック、古紙・衣類に分かれています。
特に注意しなければいけないのが、普通ごみです。
日頃出す機会が多い普通ごみには分別を間違って資源ごみや容器包装プラスチック、古紙・衣類がまぎれることが多いからです。
中身が分かるように透明の袋に入れる必要もあります。
中身が見えることで、汚れが異物が混ざっていてリサイクルに支障がでると判断されれば、資源ごみや容器包装プラスチック、古紙・衣類も残置されます。
ゴミ分別にはスマートフォーン用のごみ分別アプリを利用すると便利です。
粗大ごみはゴミ分別を参考にすれば大体は分かるのですが、最大の辺または径が30cmを超えるもの、あるいは棒状で1mを超えるものです。
これにあたる物を処分する場合は、粗大ゴミ受付収集センターに申し込みします。
遺品を整理し大量にある場合は、事業者でなく家庭から出るゴミだからと言って普通ごみとしては出せません。
粗大ゴミとして扱われるので、一度に処分すると考えるのならば、粗大ゴミ受付収集センターに申し込まなければいけません。
申し込むと、収集日、受付番号、品目ごとの手数料等が分かるので、粗大ごみ処理手数料券を購入し、券はシールになっているのでそれを貼って、収集日に収集場所に午前9時までに出します。
処理費用を考えると自治体のゴミ収集を利用することが最も費用を抑えられる手段でしょう。

遺族だけでの作業に限界を感じたら

昔は、遺品を整理するというと多くの身内で手分けをして行ってきました。
家族も多く、近くに親戚も多くいましたので身内だけで全ての作業を終える事は普通でした。
しかし、今は違います。
高齢夫婦の世帯が多くなり、子供や親族も遠方に住んでいる等で疎遠になり、遺品を整理するという重労働な作業を頼みづらい傾向にあります。
そのため、作業ができる人手も確保が難しい状況です。
しかし、いつまでもそのままにしておくことが出来ない場合もあります。
故人が賃貸住宅に住んでいる場合は、賃貸契約に従って期日までに退去する必要があります。
もし、退去する日が伸びればその分賃貸料が発生し遺族に金銭的な負担がかかってきます。
また、独居老人であった時に孤独死、病死など発見が遅れた場合は、即対処しなければいけないこともあります。
その場合は、遺品を整理することはもちろん、特殊清掃、原状復帰など遺族で行う事は不可能でしょう。
そのような場合は、遺族の負担を軽くするために業者に依頼することも大切です。
高齢化社会で、遺品を整理する遺族も高齢化したため整理することが困難になりこれを代行、補佐するサービスを専門とする会社も多く出てきました。
今はこのような会社を利用することは珍しい事ではありません。

遺品整理専門業者とはどういうものか

遺品整理専門業者は、遺品の仕分け、回収、搬出、処分、清掃まで、遺品を整理する作業を一通りできます。
また、病死、自殺、事件現場、孤独死などのケースに必要となる特殊清掃も行います。
また、遺族がゴミとして処分するには抵抗のある思い出の物や、仏壇、神棚、など供養を必要とする品物には供養をしてから処分することもできます。
多くの業者は遺品整理士の資格をもつ作業員がいるため、遺品と遺族に不快な思いをさせずに、遺品を適切に処理することができます。
遺品の整理をする時間と手間をあまりとれない場合、急いで整理しなければいけない場合は任せたい業者です。
遺品の中にまだリサイクル出来るものは買い取りを行っている業者もあります。
遺品は一般家庭から出たゴミとなり捨てるには一般廃棄物収集運搬業の許可が必要で、中古品の売買もするのであれば古物商許可も必要です。

不用品回収業者とはどういうものか

不用品回収業者は、大量にあるごみや不用品を有料で回収し廃棄してくれます。
ゴミ屋敷の片づけや引っ越しででた荷物など不用品の処理を得意とするので、遺品を整理することにも対応している業者が多くあります。
違いは、不用品を遺品として扱う事を期待してはいけないという事です。
また、片付けから出た不用品の中でリサイクル可能な品物を買い取るサービスがある業者もあります。
必要とするのは一般廃棄物収集運搬業の許可が必要と、古物商許可も必要です。

中古品買取業者とはどういうものか

中古品買取業者は買い取りと中古販売を専門に行っているので、中古品に対する豊富な知識と高く売ることができる多くの販路が違います。
扱う中古品の種類も豊富で、アンティーク品、家具、家電、など高額査定を提示される可能性が高いです。

便利屋を使うメリットは

便利屋は庭木の剪定、草借り、部屋の掃除、簡単な修理など、お客のニーズのあるものなら何でも、格安で引き受けてくれます。
遺品を整理するようなデリケートな作業や遺族に対する配慮などにはあまりお勧めできませんが、あまり遺品に対してこだわりがなければ金額によっては検討する価値もあります。
また、古美術商の許可もない場合がほとんどなので、買い取りは通常しません。

失敗しない業者選びをするには

業者選びには慎重にしたいものです。
インターネットでは口コミなどで業者の評判やトラブルの有無も知ることができます。
最近はこの種の業者が多くあり、多くの人が利用していることから、人気の業者ランキングもあり参考にするとよいでしょう。
その他にも、電話や見積に来たスタッフの対応で判断出来る場合もあります。

後悔が少ない遺品整理を心がけよう

遺族ができる遺品整理の仕方で業者の選び方は変わってきます。
本当に必要なサービスは何かを遺族で話し合うことで、無駄を省く事が出来、遺族間のトラブルを避けられることにもつながります。
トラブルのない遺品の整理がこれからの人間関係を左右することにもなるのです。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091