topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

貴金属やネックレスなどの遺品整理、どう処分すればいい?

資産として購入する方も

商人の街・大阪と言われるように、大阪には商魂たくましい方が多いようです。
ビジネスマンではない一般の方でも、将来のために投資されている方がたくさんいます。
ネックレスなどのアクセサリーや貴金属なども、自分の身を飾るものとして購入するよりも、将来のための投資として購入される方が大勢います。
ここ10年ほどの間、一本調子で騰がり続けたプラチナや金相場を見ればわかるではありませんか。
世界的にもプラチナや金は安全資産として考えられており、資産の逃避先として選ばれることが多くなりました。
子どもは孫のために購入する方も多いものの、いざ購入されたご本人がお亡くなりになられた後、どのように処分すればいいのか悩まれるご遺族も少なくありません。
これらも遺品に変わりはありませんが、遺品整理するとしたらどう処分すればいいのでしょうか。

どう処分すればいいのか

貴金属やネックレスなどは、どう処分すればいいのか悩むことが多いものです。
購入した時は素敵なデザインであったとしても、すでに流行遅れになっているものもあるでしょう。
そのままの状態では身につけることが憚られることもあります。
それに、故人様がどれほど愛着を持っていたかによって、対処の仕方も違ってきます。
特に愛着のあるものであれば棺の中に入れて荼毘に付すことも考えられますが、最近では火葬場のルールなどによりそれが難しい場合もあるようです。
故人様が愛着を持っていたものを売却するのは気が引けるというご遺族もいらっしゃるでしょう。
どのようにすればいいのかはそれぞれのご遺族の事情によって違うものであり、これが正解という方法はありません。

骨壺に入れて埋葬

どのようにしてほしいか遺言があれば一番いいのですが、遺言がない場合は故人様の意を最大限汲み取って対処方法を決めなければなりません。
愛着が深くいつも肌身離さず身につけていたものであれば、骨壺に入れて埋葬するのもいいのではないでしょうか。
形見分けで争いが起こるよりも、愛着を持って身につけていた故人様のもとに置いておくのが一番です。
以前なら棺に入れて荼毘に付すこともできましたが、今では金属を棺に入れてはいけないというルールがある火葬場がほとんどです。
ルールを無視して棺に入れるわけには行けませんから、骨壺に入れて埋葬されるのが一番でしょう。
一番愛着を持っていた人のもとに置くのであれば、否やという人はいないのではないでしょうか。

形見として手元に置く

故人様がなんとなく購入されたジュエリーの1つなのであれば、形見として手元に置かれるのも良い考えです。
時代によってデザインはかなり違うため、今の流行に合わせてリメイクをすればお好みのデザインにすることができます。
カッティングしてもらうことで色石の大きさを変えることができますから、ネックレスを指輪にリメイクすることも可能です。
また、シンプルなペンダントであればかなりリーズナブルにリメイクすることができます。
自分が持ちたいと思えるデザインにリメイクすることで、いつでも楽しむことができるのですから、故人様もきっと喜ばれるのではないでしょうか。

売却をして別なものを買う

最近は、派手好きな方が多いと言われる大阪でも、貴金属やネックレスを身につける人も減りました。
シンプルな生活が良いと言われている影響があるのかもしれません。
形見として残したものなら身につけておいたほうが良いのはわかっていますが、流行遅れで身につけることができないものなら売却して別のものを購入するという方法もあります。
姿かたちが変わったとしても、形見を身につけていることには変わりはありません。
そのように考える方が多くなったためか、たとえば遺品を売却してペアリングなどを購入する方もいます。
売却というと聞こえが悪いかもしれませんが、リメイクでデザインを変えるのとそれほど大きな違いはありません。
喜んで身につけられるようになるのであれば、そのほうが故人様も喜ばれるのではないでしょうか。

宝石商には売却できません

勘違いされている方が多いようですが、宝石商では古物の買取は行っていません。
リメイクなら宝石商に依頼することができますが、遺品整理をするために宝石商が役立ってくれることはありません。
それは遺品だからとかではなく、もともと宝石商では古物の買取を行っていないからです。
古物の買取を行うには古物商の許可が必要になりますが、古物商の許可を取得すると扱ってい商品がすべて古物とみなされてしまいます。
そのようなことを避けるため、宝石商に遺品が持ち込まれた場合は別の古物商が買取るのが普通です。
それならば、直接古物商に持ち込んだほうが手間がかかりません。

質屋に持ち込む

それでは質屋に持ち込むのはどうでしょうか。
これも思い違いをされている方が多いようですが、質屋は買取業者ではなく金融業者です。
法律などではも、金銭の貸付を行う業者だと書かれています。
質草として担保を取り、流質期限までに返済がなければ質草を弁済に充てます。
古物商として買取を行っている質屋もありますが、それは本来の質屋の営業業務ではありません。
本来の質屋は適正価格で買取ることが目的ではないため、どこに持ち込むかによって大きく融資額が違ってくることもあります。
もし質屋に持ち込むのであれば、いくつかの質屋を回りできるだけ高値を付けてくれたところを利用しましょう。
質屋に持って行ったとしても、必ず売却しなければならないわけではありません。

リサイクルショップに売却

リサイクルショップなら買取ってくれる可能性は高いものの、高く買取ってくれるかどうかはその店舗次第です。
店頭に持ち込む前に、貴金属などを扱っているかどうか店内を確認することをおすすめします。
取扱っていないリサイクルショップに持ち込んだとしても、どれだけの確率で買取ってもらえるものかわからないからです。
すでに取り扱っているのであれば、査定がどうなるかはさておき買取ってもらえることは確実ですから安心して持ち込めます。
リサイクルショップに持ち込む場合も、質屋の場合と同じように査定額に満足できなければ売却することはありません。

金・プラチナの買取専門店

貴金属であれば、金・プラチナ専門の買取店に持ち込んだほうが高く売却できる可能性があります。
色石などは流行り廃りが激しく、高騰していたかと思えば暴落していることもあります。
質屋などでも色石は評価対象とはならず、台座やリングに使われている金やプラチナの量で査定額が決まることがほとんどです。
金やプラチナの査定ではデザイン性はほとんど注目されず、どれくらいの量があるかによって査定額が違ってきます。
デザイン性が評価されないのは辛いかもしれませんが、グラム単位で評価されるため適正価格で買取ってもらえる可能性が高まります。
金・プラチナ・買取で探せば大阪にもたくさん買取専門店が見つかりますから、どこに持って行けばいいかわからないと悩むことはありません。

買取は当日のレートで決まります

売却する時、気をつけなければいけないことがあります。
それは、金やプラチナ、そして宝石などの買取は、買取当日のレートによって査定額がかなり違ってくるということです。
金やプラチナの価格なら新聞に掲載されていますから、高騰している時に売却したほうが高く売却できます。
遺品整理を急いで行わなければならない時でも、あまり急ぐと損をしてしまうことになりかねません。
それほど場所を取るものでもありませんし、相場をじっくり観察してからでも遅くはありません。
まず手元に残しておき、処分はタイミングを見て行えばいいのです。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091