topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

遺品整理でたくさん処分したいものがある場合は、立ち会い不要にて任せることも出来ます

業者に依頼をすることを考えよう

故人の遺品の整理をしようと思ったが、なかなか進まないとお困りになる方も多いでしょう。
思っているよりもものが多い、何がどこにあるのか分からない、何を捨てて良いのか迷うなど悩むでしょう。
兄弟何人かで分けて作業が出来れば良いですが、仕事もしているのでなかなか人手が確保できないという問題も多いです。
遺品の整理を手伝ってくれる企業がありますので、声をかけてみましょう。
家族のことだから、身内のことだからと恥ずかしい気持ちになるかもしれません。
しかし企業に手伝ってもらったことにより、思ったよりも早く終わって助かったとの体験談も多いです。
人手が足りなかったので助かった、重たいものを動かしてくれてよかったなどメリットがたくさんありますので依頼をしてみましょう。

業者によって特徴があります

大阪にも遺品の片付けを手伝ってくれる企業が多数ありますが、それぞれ特徴があるので調べてみましょう。
費用もまちまちですが基本料金が設定されており、運び出すものによって加算されることが多いです。
1点からでもお願いが出来ることが多いですが、基本料金がかかるのでまとめてお願いをする方が良いでしょう。
不用品を引き取ってもらえますが、なんでも持って行ってくれるところもあれば、決められた品目しか持って行ってくれないところもあります。
何が対象外になるのか、どういった場合は対応ができないかも詳しく確認をしましょう。
実際作業の当日になって、これは引き取れませんと言われることもあります。
また別の企業にお願いをするなど、手間も時間もかかりますので事前の確認は大切です。

身の回り品のお片づけもしてもらえます

遺品のお片づけをするといっても、さまざまな状況が考えられます。
お子さんが片付けられる場合、まだお子さんが実家に残るから亡くなった両親の部屋だけ片付けてくれれば良いというケースもあるでしょう。
その際は洋服やアクセサリー類など、身の回り品のみの片付けであることも考えられます。
比較的量が少ないので、手元に何を残しておけばよいのかなどアドバイスをもらえると助かるでしょう。
遺品の片付けを手伝ってくれる企業を探す際は、身の回り品の片付けが得意な企業を選ぶとよいでしょう。
アクセサリー類や貴重品などを見てもらって、一般的に何を手放して良いのか話を聞くのもおすすめです。
はじめて遺品の片付けをする際など、どうして良いか分からない時にも助かります。

量が多い場合にはどうすればよいのか

家族が亡くなり実家には今後誰も住まないので、家中を片付けたいという事例もあります。
身の回り品をはじめとして、タンスやベッドやソファなどの家具類や冷蔵庫や洗濯機や電子レンジなどの家電製品も不要になることがあるでしょう。
重たいものや大きいものがあり、なかなか動かせずに困る方もいらっしゃいます。
その際には遺品の片付けを手伝ってくれる企業を探し、サポートをしてもらいましょう。
量が多くても対応をしてくれる、男性スタッフが在籍しており力仕事も得意な企業もおすすめです。
またトラックを手配してくれ、一気に運び出してくれる企業もあります。
2トントラック、3トントラックなどトラックの種類も豊富で、さまざまなケースに対応してくれることも多いです。

立ち会い不要のケースもあります

遺品の片付けを企業にお願いする場合、ある程度時間がかかることを覚えておきましょう。
個人で行うよりも早いことがほとんどですが、量が多い場合には朝から夕方まで1日がかりになることもあります。
仕事をしているので長時間自宅にいることが出来ない、小さい子供がいるので長時間の拘束は辛いなどお困りになることもあるでしょう。
そういった際は、立ち会い不要の企業を探すことをおすすめします。
作業を開始するときと、作業が終わったときには立ち会って欲しいと言われるかもしれません。
しかしそれ以外の時間は、現場を離れても良いですと機転を利かせてくれる企業もあります。
仕事に行くので、また帰りによりますなどと声をかけて作業をお願いしてみましょう。
何かあれば連絡が入るかもしれませんので、電話には極力出られるようにするとよいでしょう。

ゴミが溢れている場合も片付けてくれます

故人が亡くなり片付けをしようと思い、故人が住んでいた自宅に入ったら大変な状況になっていたというケースもあります。
玄関を開けるとゴミが散乱しており、家の中に入ることができないこともあるでしょう。
これは遺族だけでは片付けが難しいと思った際には、遺品の片付けを企業にお願いしましょう。
足の踏み場もない、ものが溢れているといった状態でも片付けをしてくれる企業があります。
大阪でも活躍している企業がありますので、まずは電話等で連絡をして相談をしましょう。
ゴミをそのままにしておくと、虫がよってくるなど近隣の方にも迷惑をかける可能性があります。
出来るだけ早く片付けられるよう、企業にすぐに声をかけることをおすすめします。

量が多く時間もないときには

故人が亡くなったからと、個人で身の回り品の片付けをされる方も多いでしょう。
不要になり処分をする者も多数でてくるかと思いますが、ゴミとして収集してもらおうと徐々に片付けをするケースもあります。
燃えるゴミや燃えないゴミやプラスチックゴミなど分別をして、決められた収集日に出して、少しずつ片付けをしていくことも出来るでしょう。
しかし片付けをするものの量が多い場合や、時間をかけられない場合には別の方法を考えましょう。
大阪には遺品の片付けを手伝ってくれる企業があり、不用品の引取りもお願いできます。
燃えるゴミやプラスチックゴミなど分別をする必要もありませんし、家具類などの粗大ゴミとなるものも持って行ってくれます。
また家電製品などリサイクルが必要なものも、あわせて引き取ってくれるので活用しましょう。

ある程度業者に片付けをしてもらうのもおすすめ

遺品整理を業者にお願いをすると、状況にもよりますが長くても朝から夕方までで片付くことが多いです。
ときには翌日に持ち越しになることもあるので、詳しいことは確認をしましょう。
しかし長時間立ち会いをすることが難しいときは、立ち会い不要で片付けをしてくれる企業を選びましょう。
ゴミが溢れていて足の踏み場がない場合など、立ち会いをすると危ないこともあります。
ゴミを運び出してもらう、家具や家電製品など大きいものを運び出してもらうなど、大掛かりな片付けをまずはスタッフだけで行ってもらうのもよいでしょう。
後は身の回り品など細かいものだけという状況になったら、声をかけてもらって立ち会いをするという方法もあります。

評判を調べてみましょう

長時間立ち会いをすることが難しいので、業者に遺品整理をお願いして自身は外出をするということもあるでしょう。
しかしスタッフだけ残しておいて大丈夫なのだろうか、きちんと片付けてくれるのだろうかと心配になるかもしれません。
大阪にも多数遺品の片付けをしてくれる企業がありますので、評判を調べてみましょう。
立ち会いをしなかったが、特に問題なく綺麗に片付けをしてくれたなどと体験談が書かれていることもあります。
安心して任せられるよう、評判を調べてからお願いをしましょう。

さまざま配慮してくれる業者を選ぼう

立ち会い不要で遺品整理をお願いすることも出来ますが、貴重品が出てきたら手を触れずに後ほど確認をするなど、配慮してくれる企業にお願いするのもよいでしょう。
重要な書類が出てきたが勝手に触っても良いのだろうか、確認が必要だろうかとスタッフが判断をしてくれる方が安心です。
スタッフの独断で進めるのではなく、随時確認をするなど気配りをしてくれる企業を探しましょう。
業者に依頼する際は、どういった際に確認が入るのか聞いておくとよいでしょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091