topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

ゴミ屋敷にある古い洗剤を廃棄したくなったら

低年齢化している捨てられない人々

ゴミ屋敷といえば高齢者を思い浮かべる方が少なくないようです。
これはメディア、特にテレビの影響でしょう。
高齢者が山のような不用品を集めて問題になっていると繰り返し報道されることで、高齢者の問題行動ととらえる方が多いようです。
確かに、高齢になると不用品が出ても捨てにくくなり、家の中が不用品で溢れかえることはよくあることです。
しかし、それは何も高齢者に限ったことではありません。
実は、働き盛りの40代、50代の方でも、家やマンションの中がゴミ屋敷になっている方が少なくありません。
長時間労働やサービス残業が当たり前の状況では、ゴミ捨てどころではない方が多いからでしょう。
休日になったならまとめて捨てようと思っていても、いざ休日になると疲れすぎて動くことができないまま1日が過ぎてしまうことはよくあることです。
これでは平日はもちろん、休日でも不用品の片づけができません。
ずるずると物が増え続ける状況になり、自分の居場所がなくなってから何とかしなければと危機感を持たれる方もいます。
不用品が溢れている状態はとても衛生的とは言えません。
健康的に暮らすためにも、誰かに頼ってでも不用品を片づけることをおすすめします。

廃棄方法に困る古くなった洗剤

ゴミ屋敷に溜まるのは使用済みの不用品ばかりとは限りません。
本来なら使えるはずのものでも、長い間使わないでいるうちに古くなってしまったものもあります。
たとえば、お中元やお歳暮、快気祝いなどでもらった洗剤などは、封を切らないまま仕舞い込んでしまっていることもあります。
少々古くなっているだけなら問題なく洗濯や食器洗いに使えるでしょうが、あまりに古くなっているものは使うのに抵抗を感じることもあるでしょう。
古くなってしまった洗剤を大阪で廃棄するとしたらどのような方法があるのでしょうか。

容器の捨て方

容器だけなら、普通の不用品として処分することができます。
自治体の回収サービスを利用すれば廃棄するのも簡単です。
紙の容器の場合は、普通ごみとして処分することができます。
紙なら古紙として回収してもらえるのではないかと思われるかもしれませんが、強い臭いが付いているため再資源化することが難しいため普通ごみに分類されます。
大阪では普通ごみの日は週に2回ありますから、捨てる機会は他の素材より多くあります。
中身が見える透明か半透明の袋に入れて、収集日にまとめて出せばOKです。
プラスチック容器の場合は、容器包装プラスチックになります。
普通の四角の容器だけでなく、ボトルタイプの容器でも同じです。
なお、プラスチック製の計量スプーンは、同じプラスチック製でも容器包装プラスチックではありません。
容器包装プラスチックは、容器か包装用に使われているプラスチックを指します。
プラスチックであっても、容器や包装に使われていないものは容器包装プラスチックには当たりません。
どちらかわかりにくい場合は、プラマークが付いているかどうか確認してみましょう。
プラマークが付いていれば容器包装プラスチックですが、プラマークが付いていない場合は普通ごみです。
容器包装プラスチックの収集日は週に1回ありますから、プラマークが付いているプラスチック製の容器や包装用プラスチックをまとめて中身が見える袋に入れて出しましょう。

他に利用できないか検討してみましょう

本来の用途とは別の使い方を検討してみてはいかがでしょうか。
衣類に利用するのは抵抗があっても、床磨きや洗車に使用するのはそれほど抵抗がないはずです。
それも少し抵抗があるという方は、トイレ掃除に使用されてみてください。
トイレを流すたびに少量ずつ流せば、トイレもキレイになり不用な洗剤を有効利用することができます。
少量ずつでも根気よく使っていればそのうちなくなります。
漂白剤入りでも、大量の水で流せば平気です。

大量の水で希釈して捨てる

大阪では、液体で少量なら新聞紙などに染み込ませれば普通ゴミとして捨ててもいいとなっています。
しかし、大量にある場合、この方法はかなり難しい方法です。
そこで、大量の水で希釈して捨てられてはいかがでしょうか。
原液をそのまま排水溝に捨てるのは環境のために良くありませんから、大量の水で希釈して捨ててはいかがでしょうか。
たとえば、お風呂の水で流せば新しい水を使わずに流すことができます。
ついでにお風呂掃除もできますから一石二鳥です。
それでも気になる方は、希釈する目安は30倍から50倍程度、通常利用する濃さであれば大丈夫なはずです。
十分薄めた上で銅線などを入れておくと分解してくれるため、そのまま捨てても問題ありません。
銅線を入れたとしてもすぐ分解してくれるわけではありません。
最低でも2日ほどはそのまま放置しておくことをおすすめします。
ただ、いくら希釈するとはいえ、この方法は下水が河川に流れる場合はおすすめできません。
下水道処理場に流れることがハッキリわかっている時だけ試してみてください。

オークションに出品する

廃棄するより有効利用をとお考えの方は、オークションやフリマに出品されてはいかがでしょうか。
少し手間がかかりますが、抵抗なく使ってくれる人の手に渡すことができます。
送料がかかることを考えて、0円に近い金額で出品すれば落札される可能性がかなり高くなります。
どうせ捨てるつもりのものなのですから、落札されるだけでもラッキーと考えれば気楽に出品できるのではないでしょうか。
オークションやフリマは参加者が多いため、意外に需要があるかもしれません。
写真撮影や説明文の作成、梱包や発送の手間があるため、手間がかかってもできれば捨てたくない方におすすめの方法です。

欲しい人に譲る

オークションへの出品はある程度手間がかかりますから、手間なく処分されたい場合は誰か周りの欲しい人に譲るのが一番手間がかからない方法です。
抵抗なく使ってくれる人なら、誰でも喜んで譲ってしまいましょう。
周りに聞く人がいない場合は、地元対応の掲示板に掲載するのも良い方法です。
取りに来てくれることを前提に投稿すれば、梱包や配送のことを考える必要もありません。
一度にまとめて譲ることができるかもしれません。
欲しがっている人なら、きっと有効利用してくれることでしょう。

不用品回収業者が手軽

大量にある場合、上記の方法ではなかなか減らすことが難しいこともあります。
そうこうしているうちに、不用品がまた溜まってしまうかもしれません。
もともと時間が足りずに不用品を溜めこんでいる方が多いため、時間がかかり過ぎるとモチベーションを維持できなくなる可能性もあります。
そこで一気に片付けられ、しかも手軽な方法として不用品回収業者の利用をおすすめします。
自分で片づけられる量には限界がありますから、少しずつ片づけていたのでいつまで経っても片づけられないこともあります。
ある程度の量を超えてしまうと、なかなか1人の力では片づけられなくなるのは確かです。
自分で苦労して疲れ果てて諦めるより、不用品回収業者を利用しましょう。
手伝ってくれる人員が多ければ、どんなに大量に不用品があっても短時間で片づけることができます。
洗剤だけでなく他の不用品もまとめて引取ってもらうことができますから、部屋の中を一気に片づけることができます。
後は、その状態をできるだけキープすることです。
そうすれば、気持ちの良い部屋のままいつまででも維持することができるでしょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091