topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

瓦は事業系ゴミ?瓦礫の回収は誰が行う?

日本の家屋に欠かせない建材

瓦は、日本の家屋には欠かせない建材です。
日本各地に製造メーカーがあり、その土地の土や粘土などを使い製造されています。
また、戦後すぐからセメントを材料として使用したものが多くなり、以前よりかなりリーズナブルな価格になっています。
日本のビルがコンクリートで作られているものばかりになってしまったのは寂しいものです。
グローバル化が叫ばれている近頃だからこそ、他の国にはない日本の文化をもっと誇るべきなのではないでしょうか。
その土地に行かなければ見ることができない、そんな希少なものがあるからこそその国は魅力的に映るのです。
ところで、瓦が不用になったとしたらどのように処分すればいいのでしょうか。

大阪市に回収を依頼できる?

ゴミの回収といえば自治体に依頼するものと相場が決まっていますが、瓦礫でも回収してもらうことが可能なのでしょうか。
残念ながら、大阪市に瓦を回収してもらうことはできません。
それは事業者でも一般家庭でも同じです。
特に、事業者が事業を行う上で排出した事業系ゴミは、自社の責任によって処分しなければなりません。
一般家庭でも無理なのですから、事業者が依頼することはできません。
それでは、なぜ一般家庭も自治体のサービスを利用することができないのでしょうか。

撤去は施工業者か解体業者の責任

それは、施工業者か解体業者が責任を持って撤去するものだと考えられているからです。
新たに施工した場合、施工後に残ったものは施工業者が責任を持って持ち帰らなければなりません。
また、解体を行った場合は、屋根から降ろす作業をした解体業者が撤去まで請け負っているはずです。
そのため、施工後に残ってしまったり、屋根から降ろしたものの処分を、依頼者が心配することはありません。
処分の手配を整える責任があるのは、施工業者であり解体業者であるからです。
それは、事業者でも同じことです。
事業として扱っているのならともかく、施工や解体を依頼した立場であれば、施工後や解体後に残った材料の処分を心配する必要はありません。
それらの処分は、施工業者や解体業者が行うべきことです。
もし、施工後や解体後に、処分されずに残っているものを発見したから、間をおかずすぐに施工業者や解体業者に連絡しましょう。
片づけを行うところまでが一連の作業であるはずです。
施工や解体を依頼した依頼主が頭を悩ませることではありません。
速やかに施工業者や解体業者に連絡し、後の処分は任せた方が賢明です。

事業として扱っている場合

事業として扱っているのであれば、初めて仕事をしたかのように処分に悩むというのはおかしな話です。
事業を行う前に、作業に伴って出た事業系ゴミの処分方法はあらかじめ決めていることでしょう。
これから事業をスタートさせるのだとしたら、業務を行うことで出る事業系ゴミの処分システムを確立してから事業をスタートしましょう。
そうでなければ事業をスタートした後に困ることになります。
事業として行う場合は、産業廃棄物として処分しなければなりません。
また、アスベストを含有しているものは特別管理産業廃棄物になりますから、特別管理産業廃棄物として処分しなければなりません。
中間処理を行っている処理工場は大阪エリアにもいくつかありますから、どの処理工場に依頼するのがいいのか慎重に選定しましょう。
どこに依頼すればいいのかわからない場合は、地域の環境事業センターなどに相談してみましょう。
中間処理工場に依頼するにはマニフェストを発行しなければなりませんが、どのような書式で発行すればいいのかわからない時は行政書士などに相談するといいでしょう。
一度、処理ルートを確立すれば、後はそれを繰り返せばいいだけですから面倒なことはありません。
もし、中間処理工場が回収を行ってくれない場合は、自社で運搬するか産業廃棄物収集・運搬業者を利用することになります。
産業廃棄物収集・運搬業者は自治体の許可を得て事業を行っているため、大阪市に問い合わせれば地域で営業を行っている産業廃棄物収集・運搬業者を紹介してもらうことができます。
いくつかの業者から選定するのは面倒かもしれませんが、業者によって料金やサービス内容等が違うため面倒でも慎重に選定しましょう。

少量の場合はどうすればいい?

瓦礫が出るのは、新たに施工した場合や解体した時だけではありません。
台風などの大風などで1,2枚くらい屋根から落ちてしまうことはよくあることです。
1枚や2枚くらい落ちただけで業者を依頼するのはもったいないと、自社で修復されることもあるのではないでしょうか。
インターネットの通販サイトを利用すれば1枚から購入することができます。
必要枚数を購入し、手順さえわかれば修復するのもそれほど難しくありません。
このような場合、不用になったものはどうのように処分すればいいのでしょうか。
このような時は、小さく砕き砕石がわりにするといいでしょう。
もう少し多い時でも、小さく砕いて砕石にし、その上に敷き砂利を撒けば良い土台になります。
アスベストなどが含まれていないなら、それほど神経をとがらすことはありません。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091