topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

DIYで出た塗装用品のゴミはどうやって処分すればいい?

範囲が広いDIY

DIYと言いましてもその範囲はかなり広く、家のリフォームから小物の作成までさまざまです。
昔ながらの日曜大工を楽しまれている方から、丹精込めたミニチュア作りに精を出している方までいます。
どのような物であっても物作りには仕事にはないやり甲斐があり、完成した時にはかなりの充実感があることでしょう。
DIYで何を作られているのかはともかく、塗料を使用して塗装を行うとしたらハケなどの塗装用品が必要になります。
塗装には欠かせないものですが、もし不用になったとしたらどのように処分すればいいのでしょうか。

物の寿命はさまざま

塗装用品にはそれぞれ寿命があります。
鉄部分に塗料を塗る場合に欠かせないケレンは、鉄製でできているため大切に使えばかなり使い続けることができます。
塗装ローラーの場合は、塗装ローラー用ハンドルは何度でも利用することができます。
しかし、本体のローラーは、一度使うとヘタってしまい、再利用できたとしてもキレイに塗ることができません。
そのため、一度きりの使い捨てと考えたほうが良いでしょう。
それでは、塗装で大活躍するハケの寿命はどうでしょうか。
これはどのような材質でできているか、そしてどのような使い方をしているかによって違ってきます。
ゴム製の場合は、ゴムが傷んで硬くなってしまうまで使うことができます。
ヤンスやヤギの毛、ナイロン製の場合は、使い方によってかなり寿命が短くなってしまうこともあるため注意しなければなりません。
違う色を塗ると色が混ざってしまうため、高級品以外は使い捨てと考えていいでしょう。
高級品であっても、塗料を塗った後に放置してしまいガチガチに固まってしまった場合はもう諦めるしかありません。
プロ仕様の高級品であっても、使い始めてから3か月ほどで傷んでしまいます。
プロの方ほど使用後はしっかりと洗い長持ちさせるように努めるものです。
塗料を落とし切れずに固まってしまった場合は、諦めて買い替えることをおすすめします。
どれほど丈夫に見えたとしても、高級品以外はほとんどが使い捨てだと覚えておきましょう。

塗装用品を捨てる場合

一部を除きほとんどが使い捨てになることが多い塗装用品ですが、ゴミとして処分するとしたら、大阪ではどのように捨てればいいのでしょうか。
捨て方はそれほど面倒ではありません。
鉄製のもの以外は、普通ゴミとして捨てればいいだけです。
動物の毛やナイロン、木でできているものばかりですから、すべて焼却炉で燃やすことができるものばかりです。
塗料がついていたとしても、固まっているのであれば気にすることはありません。
固まっていない場合は、新聞紙や布などに塗料をよく染み込ませてから捨てましょう。
その際、塗料を染み込ませた新聞紙や布なども一緒に捨ててしまいましょう。
それで問題なく捨てることができます。

捨て方や収集日

捨てる場合は、透明か半透明の中身が見えるビニール袋に入れて捨てましょう。
尖端が尖っているものは、触っても危なくないように新聞紙や厚紙などで包むなど工夫しましょう。
ご家庭から出た他の不用品と一緒に捨てても大丈夫です。
大阪では週に2回普通ゴミの収集日がありますから、それぞれの地域の収集日に地域の収集場所に出してください。
地域によって収集日が違うため、初めての方はそれぞれの地域の環境事業センターに問い合わせるかアプリで確認しましょう。
大阪からリリースされているスマートフォン用の分別アプリを利用すれば、それぞれの地域の収集日を手軽に確認することができます。
それだけでなく分別も簡単に調べることができるため、分別や収集日に迷わずに済みます。
一度ダウンロードしておけば、情報に変更がある時はアップデートしてくれるので便利です。
どこに持って行けばいいかわからない場合は、それぞれの地域の環境事業センターに収集場所を問い合わせてみてください。
どこに持って行けばいいか、スタッフの方がわかりやすく教えてくれます。

長さがあるものはどうすればいい?

ところで、塗装用品の中にも、塗装ローラー用のハンドルなど長さがあるものもあります。
長さのあるものはどのように処分すればいいのでしょうか。
大阪では、最大の辺または径が30cm以上のもの、または棒状で1mを超えるものは粗大ゴミとして扱われます。
ハンドル部分を含めて全長35cmから36cmほどの大きさの製品が多いため、どのように分別すればいいのか迷うところでしょう。
この場合、柄の部分を外してしまえば30cm以下にすることができる製品が多いため、取り外すてしまうことをおすすめします。
柄の部分は普通ゴミとして、棒状の金属製の部分は資源として回収してもらうことができます。
ただ、柄の部分が長い製品については、この限りではありません。

未使用のものはリサイクルショップへ

せっかく揃えたもののまだ使用していないものであれば、捨てるよりもまず売却できないか検討しましょう。
DIYが人気の今なら高い需要がありますから、近くのリサイクルショップでも良いものならきっと高く評価してもらうことができるでしょう。
持ち込む前に、DIY用品を扱っているかどうかを事前に確認すれば無駄足にならずに済みます。
できるだけまとめて査定を受ければ、プラス査定してくれることもあります。

オークションやフリマを利用する

リサイクルショップなどに持ち込むのも良いですが、参加者の多いオークションやフリマを利用したほうが高く売却できるケースが多いようです。
意外なものが高く落札されることもありますから、文章を書くことが面倒でないのであればオークションかフリマを利用することをおすすめします。
落札されやすくするためには、しっかり写真を撮ることとわかりやすい説明文などの工夫が欠かせません。
落札者とはインターネット上でのやり取りになるため、お互いスムーズに意志疎通ができるように工夫しましょう。
配送料や配送方法などは、事前に決めておいたほうがトラブルなく取引を終了することができます。

欲しい人に譲渡する

リサイクルショップに持って行くのも、オークションやフリマに出品するのも面倒という方は、周囲に欲しい人がいないか探してみましょう。
趣味でやっているわけでなくても、壁などの塗装をしたいと思っている方は多いものです。
揃えれば高いものを譲ってくれるというなら欲しいという方は多いでしょう。
周囲の方に譲る場合は、のちのちトラブルにならないように無償で譲渡されることをおすすめします。
その方が譲る方にしても後腐れなく譲ることができるのではないでしょうか。
お金が絡むと思わぬことが起こることがあるものです。
後に禍根を残さないように、お金にはこだわらないほうが良いこともあります。
不用品を処分できてスッキリしたくらいに思っておきましょう。

売却も譲渡も面倒な場合

ハケなどの用品を1つ1つ出品するのは面倒だ、かといって譲渡する相手もいないという方は不用品回収業者を利用する方法もあります。
費用は掛かってしまいますが、不用品をまとめて処分することができますから一気にお部屋をスッキリさせることができます。
分別などをする必要もなく、まとめて引取ってくれますから面倒なことはまったくありません。
大阪エリアで営業している業者は多く、いつでも気が向いた時に利用することができるのもメリットの一つです。
捨てるのや売却、譲渡が面倒な方は、利用されてはいかがでしょうか。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091