topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

不要品のベッドを快適に処分するために手放す方法を知ろう

ベッドを粗大ごみとして回収してもらう方法

長年使ってきたのでそろそろ新しいものを買い替えたい、引越し先の寝室が狭く今まで使っていたものでは入らないなど様々な事情があって手放すことを考えた時、困るのはどのように処分をしたら良いのかということです。
福島区の場合、粗大ごみという扱いになるため粗大ごみ収集受付センターに連絡をし、料金を払って回収をしてもらうという形になります。
しかし、折りたたみ式のものは別としてそのまま原型を留めたままの状態では引取をしてくれず、解体をする必要があります。
また、自宅の前まで回収に来てくれるわけではないので自分で運び出さなくてはならないのです。
回収してもらいたいものがマットレスであればまだ自力での持ち運びも出来るでしょうが、本体そのものとなると自力での持ち運びは難しく、軽量化されたものでもなければ女性や高齢者の力ではどうにもなりません。
直接持ち込んでも良いのですが、持ち込めるだけの大きさの車がない場合はなかなか難しいです。
解体も自治体がやってくれるわけではなく自分でしなければなりませんので、尚更労力が付きまといます。
とはいえ料金については自治体のサービスですから高額の料金になるわけではなく、どのようなものであったとしても一律一定の値段で抑えられるのでコスパは非常に良いと言えます。
ですが、労力無く手放すことが出来るのであれば出来る限りそのようにしたいものです。
手放す方法は自治体に依頼をする他にどのようなものがあるのでしょうか。

不要品回収業者に依頼をしよう

自治体に回収を依頼するのは自分でしなければならないことがあるため大変ですので、少しでも労力を減らして楽に捨てたい場合は専用の回収業者に依頼するのが良いでしょう。
回収業者は不要になったものを何でも回収してくれるのですが、自治体のサービスと違うのは自力で行うのは基本的に業者に連絡を取ることだけです。
外に運び出すのも難しい、自力で解体することも不可能である、このような状況であっても業者は車を自宅の前まで持って来てくれますし、業者が持ち出してくれますから回収当日に立ち会いをする以外に何もすることがありません。
この方法ならば自治体に回収を依頼するよりも楽に捨てることが出来るので女性や高齢者であっても安心が出来ます。
依頼する回収業者は出来れば複数から見積もりを取っておくと料金の差が見えますし、ネットから口コミを拾ってサービスがどうであるのかということを調べておくと思わぬ展開を防ぐことが出来ます。
運び出す際に壁や他の家具に当てられて傷を作られた、料金を支払う際に当初の見積もりとは違って上乗せされた料金を請求された等のトラブルを未然に防げるのです。
また、これから引っ越すという人の場合は回収業者に依頼をしてしまった方が手早く捨てることが出来ます。
引っ越しでは大量に捨てるものが出て来るため、ゴミも非常に多くなり自分での処理が大変なのですが業者に依頼をすることによって全てのゴミを一括で処理ことが可能です。
単体で捨てるよりも一括処分の方が料金は安く済むので、他にもゴミが出る場合にはより使いやすくなるでしょう。

不要品買取業者に依頼をしてみよう

いくら使わないからと言ってもお金を払って捨てるくらいなら二束三文でも売った方が良いと考えるのも一つの手です。
寝具は少なからず需要がありますし、これを使わずに眠る人はほとんどいませんので購入を希望する人はいるということですから売れる可能性は無いとは言えません。
売る場合はリサイクルショップに持ち込んで査定をしてもらう方法と、専用の買取業者に自宅に来てもらって査定をしてもらう方法があります。
軽量の、折りたたみ式を持っていてワゴン車などの大きな車を持っている場合はリサイクルショップに持ち込む方法でも良いですが、普通乗用車で折りたためないものを乗せるのは不可能ですから自宅に専用の買取業者に来てもらった方が売りやすくなるでしょう。
買取業者に依頼をする時ですが、出来れば一括査定を利用して複数の業者から見積もりを取った方が良いです。
そして、買取業者も様々なものを買ってくれる業者ではなくベッドを専門に扱う業者を選んで査定をお願いした方が査定額が上がることが考えられます。
様々なものを等しく取り扱う業者の場合は売りものの幅が広いため、トータル的に見て需要があるかどうかを判断し価格を付けますが、専門業者の場合は取り扱うものが単一であり買い求める客もその品が欲しくて店に来るわけですから需要がより高くなるのです。
とはいえどんなものでも買い取ってもらえるかと言えば決してそうではなく、損傷が激しくボロボロの状態では業者も買取をしてくれません。
傷が少なく綺麗な状態で、カビやシミも無くマットレスが本体とメーカーが同一などの条件がきちんと揃えば買取をしてもらえる可能性が上がります。
人気のメーカーのものを使っている場合は買取額も高くなる傾向にあるため、自分が使っているものがブランド物であれば査定だけでもお願いする価値はあります。
査定に出す前に、自分で出来るだけ綺麗に掃除をしておくなど状態の改善に努めてみるとそれが評価をされる可能性もあります。
傷や塗装が剥げてしまっている箇所がある場合は、傷の修復などを行って売り出してくれる業者を探して依頼をすることで買い取ってもらえる可能性が出てくるでしょう。
もし、買い取ってもらえなかったとしても無料で引取りしてもらえないかどうかを聞いてみても良いかもしれません。
無料で引き取ってもらえればゴミに出す分の費用はかからないわけですから、プラスマイナスゼロで捨てることが出来ます。
ただし、価値があるのにわざと0円での引取を誘導する業者も稀にいますので、こういった業者を防ぐためには複数から見積もりを依頼しておくのが良いでしょう。

他にもオークションで売ったり人にあげるなどの方法がある

他にも売る方法にはオークションという手があり、ネットのオークションに出品をして買取希望の人が出るのを待つという方法があります。
緊急に処分しなければならない場合でなければ気長に待つというのも一つの手であるため、のんびりと構えてそれなりの値段が付けば良いくらいに考えておくのも良いでしょう。
ただし、オークションの場合は売れたとしても商品を送るのは基本的に自分で行わなければならず、送料などは購入した側の負担としても送る手間がかかります。
それに買取業者同様それなりに状態が良くないと買いたいと希望する人もいませんので、状態が悪いものであればなかなか買い手が付かないということも考えておく必要があります。
他にも人にあげるという手もあり、これはベッドが欲しいと言っている親戚や友人に引き取ってもらい有効に使ってもらうという方法でも良いのですが、ネット上で不用品のやり取りが自由に出来ることもありますので知り合いに誰も欲しがっている人がいなければそのようなものを利用してみるのも手です。
運び出しはそちらでやってもらいたい、ということを条件としておけば自分で運ぶ必要がありませんので負担なく持って行ってもらうことも可能です。
しかし、引き取る相手がどのような人間であるのかが分からないという怖さがありますから、それを十分に考慮した上で利用をしてみることをおすすめします。

自分に合った捨て方を選択しよう

不要品の処分の仕方には様々な方法があり、選択肢は1つ限りではありません。
様々な選択肢を考慮した上でどのような方法で捨てるかを考えることで自分にとって最も楽な方法を選択することが出来ます。
自治体にお任せするのも良いですし、回収業者に引取を依頼して持っていってもらうのも一つの手です。
売るという形での処分も金銭面の負担がなくお得ですし、人にあげてしまうのも処理費用がいらないので良い方法でしょう。
どのような方法を選べば最も楽にベッドを手放すことが出来るのかをよく考えてみましょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091