topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

寿命が来たベッドを粗大ごみとして処分するには

高層マンションが多い福島区

福島区は、梅田などの繁華街からも近く、中之島や大阪中央卸売市場がある人気のエリアです。
もともと平地が多く農家を営む方がたくさんいましたが、梅田駅などから近い頃から戦後の高度成長期に開発が進み、今では多くの高層マンションや高層ビルが立ち並んでいます。
また、ビジネスの中心地である梅田駅に近いことから、福島駅周辺はオフィスビルや大型商業施設などもたくさんあります。
工場などの跡地が次々と宅地になったことで、この10年で人口が大幅に増えました。
大阪市で3番目に狭い福島区に、70,000人以上の人が暮らしているのですからかなりの過密状態です。
人口が多いことから出される粗大ごみも多く、処分に困っているご家庭も多いようです。
特に、サイズが大きいベッドは、捨てるに捨てられず困っている方も多いのではないでしょうか。
福島区で家具など大型の粗大ごみをスムーズに捨てるにはどうすれば良いのでしょうか。

物の寿命をチェックしておく

地球温暖化が叫ばれている昨今ですから、まだまだ使えるものであれば使い続けることをおすすめします。
どんな製品でも、少し修理することで寿命を延ばすことは可能です。
それでも、健康を維持し快適な生活をするためには、寿命が来てしまったものは潔く捨てたほうが良いこともあります。
それでは、ベッドの寿命が来ているかどうかはどうすればチェックすることができるのでしょうか。
なんだかこの頃寝つきが悪い、足がだるい、腰が重いといった違和感がある時は要注意です。
こういった違和感が出ているということは、身体的な影響かなり出ていることが推測されるからです。
具体的には、マットレスなどが凹む・へたりを感じる、または買った時より柔らかくなった気がするなどといった感じがする時はすでに寿命が来ているかもしれません。
また、フレームからギシギシなどキシミ音がする時は、フレーム自体にもガタがきているかもしれません。
マットレスの寿命は10年程度ですが、使い方が悪ければたった3年ほどで寿命が来てしまいます。
フレームの寿命は15年程度と言われてていますが、乱暴に扱っているともっと短い期間で寿命が来てしまいます。
夜しっかり寝たはずなのに、朝起きたら背中が痛いといった経験がある方は、もうそろそろ買い換え時期が来ていると考えて間違いないでしょう。
そのまま使用を続けていると体に不具合が出てしまいかねません。
買い換えを検討されている方は、買い換える前に古くなったものをどのように処分するかを考えておきましょう。
新しく購入することはいつでもできますが、ベッドは簡単に処分できるものではありません。
折り畳み式やパイプ製のものであれば、持ち運びも便利で捨てるのもそれほど大変ではありません。
しかし、木製のフレームなど頑丈な製品やダブルサイズ以上の大きなものは持ち運ぶのさえ大変です。
住宅地が密集し高層マンションも多い福島区では、自宅の外に運び出すだけでも一苦労です。
新しく購入するのは、どう処分するかを決めてからでも遅くはありません。

粗大ごみとして廃棄

マットレスやフレームはリサイクルすることも考えられますが、へたって寝ごこちが悪くなったものを欲しいと言ってくれる人がいるかどうかが疑問です。
リサイクルショップで売却できればいいでしょうが、扱ってくれるリサイクルショップはそれほど多くはないでしょう。
シングルサイズでも場所を取るため、扱い方に苦労することがわかっているからです。
海外のリユース市場とパイプのあるリサイクルショップなら、あるいは買取ってくれるかもしれません。
ただ、その場合でも、スムーズに運び出せることが条件となるでしょう。
リサイクルが難しいとしたら、ごみとして廃棄するしか方法はありません。
ごみとして廃棄する場合でも、ネックとなるのはその大きさでしょう。
大阪市では、粗大ごみは家の前から収集場所に出すことになっています。
自宅まで収集に来てもらうことができるふれあい収集というサービスがありますが、これはお年寄りだけの世帯や障がいのある方の世帯のためのサービスであるため一般の方が利用することはできません。
大阪市の指定通りの手順で捨てるとなると、どうにかして自宅の前か収集場所に持って行く必要があります。
平屋の一戸建てなら、少し無理をすれば引きずって出すことくらい可能かもしれません。
その場合でも、床や壁に傷や汚れを残してしまうリスクはあります。
ただし、2階以上のお宅の場合は、あまりに危険すぎますからやめておいたほうがいいでしょう。
階下におろそうとして、怪我でもしたらまったくおもしろくありません。
安価な行政サービスを利用しようて怪我をしたのでは、廃棄費用より治療費のほうが高くなってしまう可能性があります。

回収業者に相談を

インターネットで探せば、近くの回収業者をすぐに見つけることができます。
大阪市内で一般の方相手に回収業を営んでいる業者はたくさんありますから、少し検索すればたちどころに見つけられるでしょう。
回収業者はたくさんありますから、できるだけ費用が安くサービスが良い回収業者を選びましょう。
最近では、インターネットから、回収業者に一括で見積もりを依頼できるサービスもあります。
いくつもの回収業者から連絡が来ては面倒だと思われるかもしれませんが、できるだけ費用をかけずに捨てるために必要なことです。
ただ単に捨てるだけだから簡単だろうと思われている方も多いようですが、意外に費用がかかるものですからきちんと見積もりを比較することが大切です。
費用を抑えることができれば、考えていたものより高級なベッドを買えるかもしれません。

回収業者選びのポイント

回収業者を選ぶ時は、どのようなポイントに注意して選べば良いのでしょうか。
次の3つのポイントに注意して回収業者を選びましょう。
・明瞭な料金
・買取可能
・値下げ交渉可能
まず、見積もりの内訳がきちんと書かれているかどうかをチェックしましょう。
ホームページに記載されている料金が、サイズやタイプごとに分かれているかどうかも重要なポイントです。
回収業者の中には、キレイな状態のものであれば買取ってくれるところもあります。
買取りを行っていない回収業者であっても、まだ使えそうなキレイな状態であれば回収費用の値引きを行ってくれるところがありますから、まだ状態が良い場合は買取りや値引きが可能な回収業者を選んだほうが良いでしょう。
さらに、交渉に耳を傾けてくれる業者なら、値下げ交渉に応じてくれるかもしれません。
ただし、他より低価格な回収費用を提示してくれている回収業者は、それが精いっぱいのラインであることがあります。
回収業者が精いっぱいの誠意を見せているのに、利用者がさらなる値下げ要求をすれば信頼関係が崩れるもとです。
あまりに無理な値下げ交渉はするべきではありません。
わずかな値下げのこだわるより、回収業者に気持ちよく仕事をしてもらうことを考えたほうが得策です。
上記の3つのポイントに注意して業者を選べば、何も考えずに依頼した時よりも少なからず回収費用を抑えることができるでしょう。
ベッドの処分は、決してラクにできることではなく、回収費用もそれなりにかかります。
新しいもの買い換える前に、なぜ捨て方を考えなければならないのか以上のことでお分かりいただけたのではないでしょうか。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091