topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

大阪市で手間をかけずに不要品を処分するには

ごみ排出量日本一の大阪市

地球環境保護を目的としてリサイクル・リユースの輪が広がる中、大阪府の1人当たりのごみ排出量は日本一となっています。
特に、中小企業が数多くある大阪市は、日本全国の自治体のなかでもっともごみ排出量が多くなっています。
大阪府の1人当たりのごみ排出量が1,117gであるのに対し、大阪市の1人当たりのごみ排出量は1,358gとダントツの多さです。
大阪市のごみ排出量の多さが、大阪府のごみ排出量の多さに大きな影響を与えていることは一目瞭然です。
この状況を改善しようとリサイクル・リユースの推進などを行っていますが、ごみの減量に成功しているとは言えません。
その影響か、粗大ごみの廃棄が以前にも増して難しくなっています。
このような状況の大阪市で、不要品となったシングルベッドを処分するにはどうすればいいのでしょうか。
使わないものをいつまでも部屋に置いておく余裕がある方は少ないでしょう。
廃棄するにしても、業者を利用したほうがいいのか、それとも行政サービスを利用したほうがいいのか悩むところです。
これまでシングルベッドを捨てた経験がある方は少ないでしょうから、行政サービスを利用すればどれくらいの手間がかかるものか、業者に依頼したらどれくらいのお金がかかるものかわからないという方が多いのではないでしょうか。
個人でできる処分方法はいくつかありますから、どの方法が良いのか考えてみましょう。

買い換え時に引き取ってもらう

これまで使っていたものが不要品になったということは、もしかしたら買い換えをお考えになっているのではないでしょうか。
買い換えをお考えになっているのであれば、新品を購入し搬入してもらうと同時に引き取ってもらってはいかがでしょうか。
大型家具店など家具販売店では、対象商品を購入すれば古い家具を引き取ってくれる下取りサービスを行っているところがいくつかあります。
そのような大型家具店で対象となる商品を購入すれば、新品を搬入してもらう時に古いベッドを引き取ってもらうことができます。
比較的コンパクトなシングルベッドであっても、自分で寝室からごみ収集場所まで運搬するのはなかなか大変なことです。
家具販売店に引き取ってもらうことができれば、ほとんど料金もかからず手間もかかりません。
それに、新品の搬入と中古の搬出を同時にすることで、手間を半分にすることができます。
搬入してセッティングしてらうとしたら、搬入予定日は1日あけておかなければなりません。
別の日に業者に搬出を依頼したとしたら、その搬出予定日も1日あけておく必要があります。
搬入と搬出を別々の日にしたとしたら2日かかるところを、新品の搬入と中古の搬出を同じ日にすることで1日だけで済みます。
どうせ業者が来れば1日バタバタするのですから、1日で新品の搬入と中古の搬出を同時にできたほうがラクなのではないでしょうか。
ただ、下取りサービスを行っている家具販売店はそれほど多くはありませんし、対象商品を指定されている場合は選択の幅が狭くなってしまうかもしれません。
それでもいいという方には良い方法なのではないでしょうか。
下取りサービスを利用する場合は、フレーム、マットレス、付属品のすべてを引き取ってくれるかどうか確認することをおすすめします。

行政サービスを利用する

下取りサービスを利用しない場合は、自治体に粗大ごみとして引き取ってもらうのが一般的です。
粗大ごみとして回収してもらうには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。
粗大ごみとして引き取ってもらえるのは、一般の家庭から出た粗大ごみだけです。
事業用のごみは、産業廃棄物として処分しなければなりません。
自治体に引き取ってもらうには、まず2つのことをする必要があります。
① 粗大ごみ収集受付センターで収集の申し込みをしましょう。
② 粗大ごみ収集受付センターで教えてもらった金額分の手数料券を購入しましょう。
引っ越しや大掃除で出た不要品でも引き取ってもらうことができますが、事前に収集の申し込みをしなければなりません。
1品目ごとに手数料がかかるため、1点ずつ手数料券を購入する必要があります。
手数料券はシールになっていますから、捨てたいアイテムごとにシールを貼ることになります。
品目・サイズによって手数料は異なりますが、シングルベッドであれば他のサイズより安価に処分できます。
どれくらいの手数料が必要であるのか、事前の市の公式サイトで調べておきましょう。
大阪市では、お年寄りだけの世帯と障害のある方の世帯を対象に、市の職員によるごみの持ち出しサービスを行っています。
これはごみ出しが困難な方のためのサービスですから、一般の方はどれほどの高層マンションに住んでいたとしても自力で1階のごみ収集所まで持ち出さなければなりません。
もし、階段やエレベーターを使って搬出できないようであれば、収集日までに解体をしておく必要があります。
料金は良心的ですが、ごみ収集所まで運ばなければならず、場合によっては解体しなければならないため手間がかかります。

回収業者に依頼する

粗大ごみ回収業者であれば、手間をかけることなく不要品を回収してもらうことができます。
一般家庭用であっても事業用であっても、料金を支払えば同じように回収してくれます。
ただし、家庭の粗大ごみの回収を事業として行うには、一般廃棄物収集運搬の許可を受けている業者でなければなりません。
粗大ごみ回収業者に依頼する時は、この許可を受けているかどうかを事前にチェックしましょう。
粗大ごみ回収業者に依頼するのはとても簡単です。
回収を依頼したい業者に連絡し、実際のシングルベッドを見て見積もってもらい、最終的に依頼するかどうかを決めればいいだけです。
見積もりだけなら無料の業者が数多くありますから、気軽に見積もってもらいましょう。
依頼することが決まったなら、希望の日時に引き取りに来てもらえばいいだけです。
希望した日時に業者の方が取りに来てくれますから、自分で運び出す手間も解体する手間もかかりません。
行政サービスより費用はかかりますが、手間はまったくかからないのでとても便利です。
それに、行政サービスのように、事前受付をしてから回収まで待たされることはありません。
引き取ってもらいたいと思ったなら、電話を1本でいつでも駆けつけてもらうことができます。
捨てたいと思ったその日のうちに来てくれるというメリットもあります。
費用さえ折り合えば、利用したいという方は多いのではないでしょうか。
業者ごとに料金が違うため、相場がわからないので頼みにくいという方も多いのではないでしょうか。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに依頼すれば、もしかしたら買い取ってもらえるかもしれません。
家に来て査定してもらわなければなりませんが、出張査定無料のところに依頼すれば査定の費用がかかることはありません。
買い取ってもらえることになれば、搬出はリサイクルショップが行ってくれます。
わずかでもお金になり、必要ないものを持って行ってくれるのですから大助かりです。
ただ、その査定額が妥当かどうか知る術はありませんし、買取してもらえなかった場合は有料の回収をすすめられる可能性もあります。
以上のような処分方法が考えられますが、まず行政サービスを利用したらいくら手数料がかかるかを確認し、その後リサイクルショップに査定してもらってはいかがでしょうか。
買い取ってもらえず費用がかかったとしても、行政サービスと同程度であれば利用価値があります。
お金はかかってもいいからすぐ引き取ってもらいたいという方は、粗大ごみ回収業者を利用しましょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091