topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

不要品の引き取りはどうやればいいのかお悩みの方にシングルベッドの処分方法

シングルベッドの寿命は?

毎日使うものだけに、いつの間にかへたってしまったり、大きく沈み込むようになってしまったり、使っているうちにいろいろな不具合が出てきます。
不具合を放置していると、よくねたつもりでも肩が張ってしまったり、腰が重くなったりと体の不調を覚えるようになります。
このような体の不調を感じるようになったら、買い換え時だと判断したほうがいいでしょう。
シングルベッドといっても、超有名メーカーの高級ベッドから簡易ベッド、スノコベッドなどさまざまです。
素材や重さ、作りなどいろいろあるため、どのように処分すればいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。
不要品を引き取ってもらう方法はいくつかあります。
これが誰にとっても正解だという方法はありませんが、それぞれの方にとってベターな処分方法を見つけることはそれほど難しいことではありません。
大阪市で処分するとしたら、どのように引き取ってもらうのが良いのでしょうか。
行政の引き取りサービスから業者を利用する方法まで、それぞれの方法を調べてみましょう。

適切なタイミングで買い換えましょう

物持ちが良いのはとても良いことですが、寿命が来たベッドに寝続けるのは体にとって良いことではありません。
もったいない精神は無駄遣いを減らすためには有効ですが、やり過ぎて体を壊してしまってはいけません。
それでは、シングルベッドの寿命はどれくらいなのでしょうか。
これは種類によってかなり違います。
ベッドフレームに布団を敷くタイプのものであればフレームが丈夫なら10年から15年程度は持ちますが、ベッドフレームにマットレスが固定されているタイプなら、マットレスの寿命がそのままベッドの寿命になります。
ベッドフレームとマットレスが別々になっているタイプなら、マットレスの寿命が来てもベッドフレームはまだまだ使えることが多いようです。
この場合は、マットレスだけ買い換えればそのまま使うことができます。
上でも書きましたがベッドフレームの寿命は10年から15年程度ですが、マットレスの寿命は平均して8年程度です。
きちんと使用すれば10年程度は持ちますが、使い方によっては3年程度でヘタってきます。
スプリングがゆるんでもクッションがヘタっても大丈夫だというのなら、寿命はこの年数よりずっと伸びます。
しかし、この状態のマットレスで眠り続けるのは体にとって良いことではありません。

体への負担

人が眠る時は、肩と腰に大きな荷重がかかっています。
3年、5年と同じマットレスで寝ていると、肩と腰の部分がだんだんくぼんでいきます。
使いこまれたマットレスの中央部がまるで窪地のようにくぼんでいることが多いのは腰の荷重がかかり続けているからです。
そのままで眠ることも可能ですが、そのようなマットレスで寝ていると猫背になってしまいます。
その状態で5時間、8時間と寝ていると、腰に負担がかかるばかりではなく背骨にも悪影響を及ぼします。
くぼんだマットレスでも寝ることはできますが、マットレスを惜しむばかりに体に負担がかかり持病を持つようになっては何にもなりません。
そのようなことにならないように、マットレスは適切な時期に買い換えたほうが無難です。
ベッドフレームも同じように、きしみ音などがするようになったら買い換えましょう。
最近は、体のためによく考えられたベッドが発売されています。
そのようなベッドを取り入れ、快眠できるように工夫してみてはいかがでしょうか。

自治体に回収してもらう

不要品のもっともオーソドックスな処分方法は、自治体に引き取ってもらうことです。
大阪市が引き取ってくれるのは、基本的に可燃ごみと不燃ごみ、そして粗大ごみです。
シングルベッドは、このうちの粗大ごみに分類されます。
ベッドフレームとマットレスを別々に単体で捨てたとしても、粗大ごみであることにはかわりはありません。
折りたたみマットレスなどウレタンのマットレスなら、カッターなどで細かく切れば可燃ごみとして捨てられるかもしれません。
しかし、スプリングマットレスとなると事情が違います。
布とスプリングを別々にするだけでも相当時間がかかるでしょうし、部屋の中がホコリや布で悲惨なことになってしまうかもしれません。
そのような苦労をして捨てるよりも、粗大ごみとしてきちんと捨てたほうがずっとラクです。
気になる費用もそれほどかかりません。
粗大ごみとして出す方法はそれほど難しいものではありません。
粗大ごみ収集受付センターに電話をかけ、ごみ処理手数料券の金額と受付番号、それに収集日を聞けばいいだけです。
後は、聞いた金額通りのごみ処理手数料券を購入し、粗大ごみに貼って収集日に出せばいいだけです。
そうすれば、立ち会っていなくてもごみ収集車が収集していってくれます。
手順としては簡単ですが、忙しい時間の合間にごみ処理手数料券を買い、粗大ごみをごみ収集所に出すのは想像以上に大変です。
たとえば、高層マンションの高層階にある寝室からごみ収集所まで運ぶことができるでしょうか。
エレベーターがあれば大丈夫かもしれませんが、7階建てのマンションでもエレベーターがないところもあります。
中高層階から階段を使ってベッドを運ぶのはかなり大変です。
他に手間をかけずに処分する方法はないのでしょうか。

回収業者に依頼する

上記のような自治体の回収サービスのデメリットをカバーしてくれるのが、回収業者のサービスです。
回収業者を利用する一番のメリットは手間がかからないことです。
回収業者に依頼すれば、家まで出張してきてくれて不要品を引き取ってくれます。
費用の見積もりを無料でやってくれる業者もあれば、依頼したその日のうちに運び出してくれる業者もあります。
良品を買い取ってくれる業者もありますから、買い取ってもらえるならそれに越したことはありません。
重い粗大ごみを運ぶ必要もなければ、買い取ってもらえる可能性もあるわけですから集合住宅にお住まいの方にはうってつけのサービスなのではないでしょうか。
ただ、回収業者には、それぞれ対応エリアというものがあります。
回収業者に引き取りに来てもらえるのは、その対応エリア内にあるお宅だけです。
だからといって落胆することはありません。
なぜなら、大阪市にはたくさんの回収業者があるため、市内であればどこでも来てくれる業者を見つけることは簡単です。
それでも、細い路地など大きな車が入れない場所では、回収が難しい場合もあります。
回収できるかどうか判断してもらうためにも、最初に見積もってもらったほうがいいでしょう。
見積時に、周辺の状況を見てもらえば、回収可能かどうか判断してもらうことができます。
回収業者の他にもリサイクル業者に売却するという方法がありますが、シングルベッドを買い取ってくれるリサイクル業者はそれほど多くはありません。
電話で問い合わせても対応してくれる業者が少ないばかりではなく、買い取ってくれるリサイクル業者を見つけたとしても自分で運んで行かなければならないこともあります。
そうやって苦労して運んだとしても、査定で買い取りが難しいとなったら持って帰ってこなければなりません。
そのような手間をかけるよりも、回収業者に依頼したほうが無難です。
不要品として引き取ってもらうとしたら、回収業者に引き取ってもらう方法がもっともおすすめの方法です。
寿命が来たのではないかと思ったなら、回収業者に引き取ってもらうことを検討してみましょう。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091