topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

不要品の処分に困ったら回収してくれる業者に依頼しましょう

大型の家具は処分に困ってしまう

おうちの中にはダイニングセットや食器棚など大型の家具がたくさんあります。
中には食器棚を持たないおうちやダイニングセットもカウンターなどで済まされるご家庭もあります。
なぜ、大きな家具を持たないのかというと大きさが大きいため面積をとるからです。
物が少ない分、お部屋の面積は広く使うことができますから効率的だという考え方です。
ですが、毎日過ごすおうちの中ですから快適に過ごすための道具は取り揃えられていた方が良いという考え方も大切です。
ただ寝ることは快眠と言われるほど大切なことです。
ぐっすりと眠ることで健康につながると言われているほどです。

豊富なラインナップのあるベッド

ここでベッドについてご紹介したいと思います。
ベッドは一般的にはシングルベッドが代表的です。
ですが、最近では様々なタイプのベッドが販売されていて、幅が広いタイプがダブルベッドです。
そしてさらにキング、クイーンと大きくなってゆきます。
またダブルでは大きすぎるという場合はセミダブルサイズというものもあります。
大きさはダブルがちょうどシングルサイズの二倍の幅です。
ただ一般的に一番需要があるのは、シングルベッドです。
どこの店舗へ行っても販売されているのはこのタイプです。
ベッドは幅が1mぐらいあり、たての長さも2mぐらいはあります。
ですから、部屋の中である程度も面積は必要になってきます。
しかし、寝室のように眠るだけに使用する部屋を設けておけば眠る以外には使いませんから、特に問題はないようです。
お部屋のスペースは前述のようにすれば日々の生活には困ることはありませんが、一番困るのは処分についてです。
大型家具で問題になってくるのがベッドですよね。
ですが、上手に処分する方法があります。
またベッドはそれほど頻繁に買い換える家具ではありませんから、購入される前に処分の方法を知っておけば問題ないのではないでしょうか。

以外に困る処分方法

ここではベッドの処分についてご紹介したいと思います。
ベッドの処分には 大きく分けて3つの方法があげられます。
ではその3つとはどのような方法なのでしょうか。
粗大ごみと指定の業者に処分を依頼する方法があります
ペットは地域によって多少の違いはありますが、月に1回の粗大ゴミとして ゴミ置き場へ出すことが可能です。
この場合ゴミの出し方は、回収日までに市区町村で発行されるごみ処理券をコンビニやスーパーなどで購入しておいて、ごみに出すとき処分するベッドに貼り付けます。
処理券を貼り付けた状態でゴミ置き場へ置いておかないと持って行ってくれません。
そして、市区町村に出す場合は、ご自身でゴミ置き場までベッドを持って行かなければなりません。
ですからある程度ゴミを出す時間は決まっていますので、早起きをするなど余裕をもって出すことが大切です。
場合によっては玄関からベッドを出すことができなくて裏口から出しなおすということも考えられます。
そして、そうこうしているうちに時間が経ってしまうということも考えられます。
ですから、余裕を持って落ち着いて運ぶ時間を意識しましょう。

不用品の業者へ依頼する

ベッドの処分は不用品回収業者に依頼するという方法があります。
不用品の業者は、引っ越し業者などが兼ねてやっていることもあり、引っ越しをする際には不要となった家具などをそのまま引き取ってくれるサービスを設けています。
もちろん、引っ越しでなくても不要品の引き取りのみでも依頼をすることは可能です。
ただ回収だけとなると費用が割高になってしまうので、こちらはお引っ越しなどの際にまとまった不要品が発生すれば依頼をするとまとめて処分をしてくれるので便利です。
ただ、不要品の業者もきちんと市区町村の行政届け出をして許可をもらっている業者を選ぶことが大切です。
昔からご近所さんをお豆腐やラーメンのように不要品の引き取りに回っているなどとアナウンスをしながら回っている業者さんがおられますよね。
最近ではアナウンスをしながら回している業者も営業活動の一環で巡回をしていて、きちんとした許可をもらった業者であることが多いのですが、中にはただ単に引き取りだけを行っている怪しい業者もあるので注意が必要です。
なぜ、許可を持ってない業者を利用しない方が良いということですが、許可がないと中には不法投棄をしてしまう業者もいるということです。
ただ無料で引き取りをしてくれることもあるのできちんと処分の方法を確認しておいて信頼のできる業者と判断すればお任せすることも可能です。
中にはきちんとリサイクルのルートを持っていてそれに従って処分をされる業者もあります。
余談ですが、過去には業者による不法投棄が問題になっていました。
こういった業者は無料で引き取って、引き取ったものの処分に困ってしまい、山中に捨ててしまったと言うケースが実際にテレビなどでも報道されていました。
せっかく業者に引き取ってもらっても、山中に捨てられてしまったら困りますよね。
場合によっては引き取りにいかないといけなくなることも考えられます。
ですから、業者の選択は以来前に確認が必要です。
ただ最近では取り締まりが厳しくなっていますので、こういった不正な業者は少なくなっています。
そして、引き取ってもらい、業者へ支払う費用についてですが、数千円代と考えておくと良いでしょう。
ただ、引き取りの費用は業者によって異なりますので、予約などをするときに費用の確認をすることが大切です。
もしも、できるだけ安く抑えたいということであれば、いくつかお電話をされて 比較してみるのも良いでしょう。

リサイクル業者に回収を依頼する方法

次にリサイクル業者に出す方法もあります。
ただ、リサイクルはたいていのお店が洋服やインテリア用品などが中心なので、大型の家具を取り扱っている店舗の軒数は少なくなってしまいますが、もしも状態が綺麗で人気商品だったベッドであれば、リサイクル業者が引き取ってくれる可能性もあります。
ただし、これは聞いてみなければわかりません。
前述しましたように、大きな家具を取り扱っているショップは、それほど多くありませんので、いくつか当てられて引き取りに来てくださる業者を探す必要があります 。
大型家具の査定をしてくれるショップを見つけることが大切になります。
実際に来てもらって買い取りができなかった場合には、そこで費用を支払いして引き取ってもらうということもお店によっては対応されています。
ですから、依頼をされる時に確認しておくことが大切です。
もしも、引き取りにきてはもらったけれども買い取りが出来なかった場合、また一から作業をやり直すということも出てきますので、できるだけ効率よく処分できるように 行動しない したいですよね。

・大阪市でのベッドの処分について

大阪市ではベッドを処分したい場合、様々な業種の店舗があるように沢山の不用品の回収業者がありますので、便利です。
地区によっては競争もありますので割安で引き取ってくださるところもあります。
中には 許可のない業者がいて前述のように引きとったゴミを山中に捨ててしまうといった事故も過去にはありましたので、きちんと注意が必要です。
ただ、やはりたいていの方が引っ越しや転勤などで急いで処分が必要な場合には不用品回収業者へご依頼するのが最短ですので 業者を利用される方が多くなっています。
もしも、処分されたいベッドが綺麗な場合には、リサイクルショップへお問い合わせをして買い取ってもらうというラッキーなケースもあるようです。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091