topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

座りごこち満点のクッションソファが不要になったらどうする?

だらだらリラックスしたい派に人気

カチッとしたソファはなんだか肩が凝るから、もっとのんびりリラックスできるソファが欲しいと思っていませんか。
来客が多いご家庭なら、デラックスでゴージャスなソファが役に立つことでしょう。
リビングに立派なソファがあるだけで、なんだかその空間まで豪華になったような気がします。
しかし、来客がそれほど来ない、来ても気心が知れた友人ばかりという方は、やわらかな素材でもっとリラックスしたソファを選んだほうがのびのびできます。
のびのびだらだらリラックスできるという点では、クッションソファの右に出るものはないのではないでしょうか。
リビングでリラックスするには最適なアイテムです。
使われている素材は、パフや羽毛、ウレタンなどさまざまですが、どの素材もやわらかく仕上がるように工夫されています。
リーズナブルなものにはビーズが入っていることも多く、自分の思いのまま自由自在に形を変えられ体にフィットすると最高です。
まるでふわふわの雲の上に乗っているかのような感覚を味わうことができるでしょう。
メリットとしては、そのまま横になれてリラックスできる、素材がやわらかいものばかりなのでフィットする、心地よい感覚を味わえると言ったところでしょうか。
デメリットとしては、沈み込みが大きいので腰痛をお持ちの方にはおすすめできない、リラックスできるようでいて長時間使っていると疲れる、やわらかい素材を使っているだけに型崩れが早いといったところです。
腰痛持ちの方用のものも販売されていますから、使いたいという方は実際に使って試してみてはいかがでしょうか。
一番のデメリットは、やはりやわらかい素材を使っているため普通のソファより型崩れがかなり早いということでしょう。
普通のソファとは違い、消耗品と思って使ったほうがいいかもしれません。
普通の布ソファが2年から3年持つとしたら、1年持てばいいほうなのではないでしょうか。
消耗品ということで、購入する時に処分する時のことも少し考えておいた方がいいかもしれません。

リサイクルは可能でしょうか?

大阪市ではごみ問題が深刻なため、リサイクルやリユースを推奨しています。
粗大ごみとして回収してもらうことを考える前に、リサイクルできるかどうか少し考えてみましょう。
普通のソファであれば、少しくらいヘタっていても欲しいという人があるかもしれません。
また、リサイクルショップに買い取ってもらうことも考えられます。
最近では、インターネット上にも出張買取専門のリサイクルショップがたくさんありますから、そういった出張買取専門店に依頼すればこちらから出向くことなく出張査定に来てもらうことができます。
デザイナーズや有名ブランドのソファなら、高く買い取ってくれるかもしれません。
しかし、消耗品のクッションソファを買い取ってくれるところがあるでしょうか。
体にフィットすることがメリットの1つであるということは、体にかなり密着して使われるソファであることは確かです。
カバーとして使われる素材はほとんどが布ですから、汗や汚れがしみこんでいるかもしれません。
かなり状態の良いものなら譲ってほしいという人がいるかもしれませんが、買い取ってくれるところはほとんどないと思っていいでしょう。
ソファにはいろいろな種類がありますから、売れるソファと売れないソファがあるのは仕方がないことです。
クッションソファは、普通はそれほど大きなものではありませんから、それほど苦労せずに粗大ごみとして回収してもらうことができるでしょう。
使わなくなったものなら、早く捨てたほうが部屋を広々と使うことができます。
使わなくなったものを溜めこまず、捨てる段取りを早く立ててスッキリしましょう。

粗大ごみ、それとも普通ごみ?

クッションソファを回収してもらうとしたら、どうやって捨てればいいのでしょうか。
大阪市では、普通のクッションは普通ごみとして分別すれば大丈夫です。
中身の見える透明か半透明のごみ袋に入れて、決められた収集日の9時まで二ごみ収集所に出しておけば回収してくれます。
形はクッションを単純に大きくしたような感じに見えますが、普通のクッションよりかなり大きいためどう分別すればいいのか悩むところではないでしょうか。
普通ごみとして分別するためには、普通のクッションでも最大の辺または径が30cm以下でなければなりません。
それ以上の大きさになると、たとえクッションでも粗大ごみに分類されます。
粗大ごみとして捨てるのであれば、収集受付センターに電話をかけ事前予約をしなければなりません。
収集受付センターでの予約が完了すると、収集日と手数料を教えてもらうことができます。
教えてもらった手数料分の処理手数料券購入したなら、必要事項を記入して捨てたい品目に貼りつけます。
収集日の午前9時までに指定のごみ収集所に出しておけば、立ち会いをする必要はありません。
回収してもらうまでに、いろいろな手順を経なければならないためなかなか面倒です。
どうも面倒だという方は、普通ごみとして出せるように工夫してはいかがでしょうか。
最大の辺または径が30cm以下であれば、普通ごみとして捨てることができるわけです。
それなら、中身の素材を取り出して小分けして捨てればどうでしょうか。
ご存知の通り、ほとんどの場合クッションソファの中身はビーズです。
少し高級なものになると、パフやウレタン、羽毛などが使われていることもあります。
普通のソファのように骨組みがあるわけではありませんから、硬い素材はまったく使われていません。
ビーズが使われていることが多いため、ヘタった時のために補充用のビーズが販売されているほどです。
それに、ファスナーなどがついていて、中身のビーズを容易に取り出せるものもあります。
ファスナーがついているものなら、中身のビーズを取り出せば普通ごみとして捨てることができます。
カバーの布も普通ごみとして捨てても問題ありません。
中身の見える透明か半透明のごみ袋に入れて捨ててしまいましょう。
少しばかり手間はかかりますが、この方法なら普通ごみとして無料で捨てることができます。

手間がかかるのは面倒という場合は業者を活用しましょう

そのままごみ収集場所に持って行くのも、小分けに捨てるのも手間がかかって面倒だという方は、不用品収集業者を活用してはどうでしょうか。
大阪市にはたくさんの不用品収集業者がありますから、依頼に必要なのは電話1本だけです。
電話を1本かければ、いつでも好きな時に収集に来てくれます。
これほど手間がなく面倒もない処分方法はありませんが、その代わりにそれなりの費用はかかります。
自分の代わりに誰かに捨ててもらうわけですから、人件費がかかるのはしょうがないことでしょう。
自分が動くか、お金を出して誰かに動いてもらうしかありません。
もし、ご家庭に他の不用品があれば、一緒に持って行ってもらえばトータルの費用を抑えることができるかもしれません。
不用品の中に買取が可能なものがあれば、収集のための費用と相殺できる可能性もあります。
依頼する時は、チラシなどを見てすぐに電話をかけるのではなく、少しばかりネットで検索してみることをおすすめします。
インターネット上には、無料の一括見積もりサイトがありますから、そのサービスを利用すれば思ったほど費用をかけずに処分できるかもしれません。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091