topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

業務用エアコンを粗大ゴミとしては回収出来ない為買取り業者を探してみよう

100V対応か200V対応か、どっちが良いの?

世界の一般家庭では200Vというのが標準的ですが、対して日本では100Vが標準です。
ですから、自然と日本では100V対応の電化製品が普及して来ました。
しかし100V対応というのは、一般家庭は勿論企業レベルでも対応していますが、空調設備にはよく200Vが使われます。
では100Vと200Vのどちらでも対応出来るとしたら、どちらを採るべきなのかというと、これはケースバイケースとしか言えません。
例えば、コスト面で比較してみましょう。
この場合は200Vの方が電気代としては安くなりますし、スイッチを入れてから効果が出る迄に短時間で済むというメリットがあります。
空調設備の場合、これは肝要な機能と言えるでしょう。
それでは一方の100Vではどうかというと、電気代は200Vに比較すれば高くなり、効果を発揮するにはある程度の時間を要します。
この様に書くと100V対応では、メリットが無いように見えるかも知れませんが、施設工事が容易なのでイニシャルコストは安くあげる事が可能です。
また、昨今の100V対応の空調設備では省エネ機能が充実しており、200Vの対応の場合より安上がりになる例も珍しくなくなりました。
もしインターネット上における様々な情報だけに頼らず、販売店スタッフからも情報収集すると良いかも知れません。

エアコンの16畳〜は業務向けなのか、はたまた家庭向けなのか?

メーカーのカタログやネット通販サイトを見ると、畳数という尺度で示されている事がわかります。
そしてその畳数も比較的細分化されており、適宜必要な大きさを選べる様になっているので、購入する側にとっても便利になったと言えるでしょう。
細分の仕方はメーカーによってマチマチですが、多少の誤差はあれど大まかには、決まっている様です。
さて、エアコンは畳数を基準にして探す事も出来ますが、ボルト数で選ぶという事も出来ます。
少々昔に遡ると200V対応の商品は、一般家庭では全体から見れば稀な存在でした。
では何処で使用されていたのかと言えば、企業のオフィス等が典型例と言えるでしょう。
天井カセット形等では概ね16畳〜を基準にして、20畳以上をフォローする物も発売されています。
このタイプのメリットとしては、広い空間を冷房、あるいは暖房をするには一般的で、今もそれは変わらない模様です。
また屋内をおおよそ等しく、ムラ無く冷暖房が出来る事もメリットのうちです。
例えば天井カセット形をセットして、商品を埋め込んでいると、屋内の美観を損なえにくいと言えるかも知れません。
言い方を変えるなら、当該畳数以上のスペースを満足のいくレベル迄に、温度の高低をコントロール出来なければ話になりません。
では、200V対応の天井カセット形等の場合は、当該タイプは壁掛けタイプよりも高額になりやすく、これから建築あるいはリフォーム等の計画がなければ、設置する事自体が困難という問題がありました。

故障と寿命を考える

天井カセット形等のタイプでも、また壁掛けタイプでも、いずれの場合も経年劣化は避けられません。
企業の場合は、メンテナンス会社等とリース契約をしている事が多く、電話で一報を入れれば対応してくれます。
また、法人の場合はリース料金は必要経費に計上可能ですから、メリットは大きいと言えます。
付け加えるなら、買い換えた方が安上がりになるという場合でも、同じくリースなので、交換して貰うだけの話です。
一方、一般家庭で16畳〜のエアコンを導入した場合は、少々事情が異なります。
まず天井カセット形等の場合は、寿命であると考え処分するのか、あるいは修理して使い続けるのが賢明なのかは、判断が難しいと言わなければなりません。
一般的な最初の1年間保証はともかくとして、それ以降となると新たに購入するよりもコストが増えてしまう事もあり得ます。
一般家庭の場合は物を購入し、問題があれば自責で対応する事になるでしょう。
では、200V対応の壁掛けタイプの場合はというと、事情は埋め込み式タイプとはそう代わりませんが、メンテナンス性という観点から言うと後者に軍配が上がります。
いずれにしても、使われているパーツの確保が事実上出来なくなる等の問題は、法律で決められている為、どうしようもありません。
だからと言って、一般的には専門業者を呼んだだけで、故障から復旧出来なかったとしても、出張費等を支払う事になるのは避けたいというのが人情という物です。
そこで、ここではおおまかな基準を設け、それを寿命と解釈し、新しい製品の買い換えを検討する事にします。
その一としては、省エネの基準が出来た2000年におき、それより10年前に作られたものを使用している場合です。
この場合は電気料金削減が出来ますし、便利機能も格段の進歩を遂げている事は想像に難くありません。
ですから、エアコン機能が十分に効いていないのであれば、買い換えを検討しましょう。
その二は、室外機の音です。
冷房及び暖房をする為には、欠かせない装置である室外機の音を聞いて見ましょう。
騒音を発するレベルなら故障以外には考えられず、修理代金は高額になります。

リサイクル法対象か否かと、買取りについて

ところで大阪市では16畳〜のエアコンは、家電リサイクル法の適用内なのかというと、基本的には対象とされています。
しかしながら天井カセット形等のタイプは、家電リサイクル法の対象外とされています。
また欄外に、この家電リサイクル法に該当するものは、家庭用として販売されているのか、あるいは家庭用として販売されているかによって決定されると書かれています。
すると、ここで疑問が湧きます。
家庭用200Vの壁掛けタイプで、尚且つ16畳〜に向いたものはというと、比較的簡単に見つける事が出来るでしょう。
しかし家庭用200V対応の天井カセット形等、余り流通していません。
とは言え、選択肢が無い訳ではありません。
こうなると人によっては判断がマチマチになるので、引き取り業務担当部署に直接、問い合わせる等して、はっきりとさせた方が良いでしょう。

民間の引き取り業者を当たってみましょう

大阪市が粗大ゴミとして引き取ってくれないなら、まずは良心的な買取り業者を探す事から始めなければなりません。
業務用と言えば、どちらかというと質実剛健的なイメージがあるかも知れません。
しかし実際には、勿論機能性が軽視される事は考えにくいですが、それだけでは高値で売るのは難しいと言わなければなりません。
人気があるのはそれらに加えて、色合い等も重要な要素です。
とは言っても、企業がビジネスの現場に取り入れるのですから、爽やかさ・清潔さを重んじるのか、ホワイト系の人気があります。
さて、何回もやり取りをしている買取り業者であれば良いのですが、初めての経験という場合、おすすめなのが見積もり一括請求サービスを利用する事です。
たった一つの業者を探すのに、何時間も掛けられていられないというのが一般的なので、手間暇を削れる恩恵は非常に大きいと言えるでしょう。
もし、故障、あるいは故障寸前というのであれば、これを機会に回収業者に引き取ってもらうと良いかも知れません。
廃品回収業者を探す場合には、全ての作業を見積もりにして貰い、仕事の流れや見積書等に不可解な点が無い事を確認した上で、正式に依頼するのと安心出来ます。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091