topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

DIYブームで不用品の回収も不可避になりました

女性も楽しめるようになったDIY

かつては大工仕事というと、男性のやるべきことであって、女性の出る幕はありませんでした。
けれども、時代は変わり、女性も手先の器用な人なら、テーブルやいすを手作りするなどして楽しんでいます。
それもこれも、ホームセンターなどに行けば材料が簡単に手に入るからですが、それと同時に、作業が楽にできるようになった電動工具の存在が大きくものを言っています。
電動工具も、コンパクトなものから大型の本格的なものまで、いろいろ手に入れることができるようになったため、これが女性にDIYブームをもたらしたといえます。
器用さという点においては、女性は男性よりもうわてなところが大いにありますから、実際にやらせてみたら、どんどんうまくなっていったという人も多いのです。
力のいる作業は一人ではむずかしいものの、手伝ってくれる人がいれば、作った品物が玄人はだしということも珍しくありません。
力のいる大工仕事を、女性ができる趣味のレベルにまでハードルを下げてくれたのが、各種電動工具であるといえるでしょう。

物には悲しいかな、寿命がある

どんな物でも、品物である以上、寿命があります。
中には半永久的にもつ物もありますが、頻繁に使っている物であれば、おそらくいつかは寿命が来るでしょう。
その時は、寿命が来たものは処分し、また新たに買い替えることになります。
DIYで役立ってくれた工具たちに寿命が来た場合、それが電動で動くものだと、どのようにして処分したらいいのか、迷うのではないかと思われます。
大阪市によるごみの品目別収集区分を見ると、電動で動く工具であっても、最大の辺または径が30cm未満であれば、普通ごみとして処分できます。
粗大ごみとして料金を払って収集してもらうことになるのは、30cmを超える大きさのものであるということを、目安として覚えておくといいでしょう。
ただ、長さが30cmを超えないものであったとしても、チェーンソーのように刃がある物はどうなのだろうという疑問を持つのではないでしょうか。
普通ごみとして、日常生活から出るごみと一緒に袋に入れていいものかどうか、悩んでしまうと思われます。
もし、少しでもこれは大丈夫なのだろうかと思ったら、まずは行政の回収担当部門に電話をし、確認するといいでしょう。
例えば、歯の部分が当たらないように段ボールか何かでガードしておいてくれれば出していいといったような、指示を与えてくれるはずです。
あるいは、30cm未満であっても、刃が付いているという理由で、粗大ごみ扱いになるかもしれません。
ごみに出したはいいけれど、回収されずに残ってしまって、また引取りに行かなければならないということを避けるため、事前に確認しておくのがベターです。
回収されずにごみが残ってしまうと、所属する町内会にも迷惑をかけてしまうからです。

わからなくて迷ったときの処分方法

大阪のごみの品目別収集区分は、かなり細かく分けられています。
一つ一つ確認できるようプリントアウトしておいたり、スマートフォンのアプリを使えるようにしておくと、間違うことなく収集に出せますが、粗大ごみに該当すると、少々やっかいです。
特に、DIY関連の道具というのは、チェーンソーのように刃が付いていたり、重いために取り扱いを誤るとケガをする恐れがあるものが多数あります。
そうした類の品々が不用品になった時には、行政のごみ収集ではなく、不用品回収業者を探すという方法もおすすめです。
業者なら、刃が付いていて危険なものでも、重い物でもまとめて引き取っていってくれるからです。
引取りにあたっては費用を取る業者もありますが、相対的に見て、行政の粗大ごみの料金よりも安く設定しているところが大半です。
粗大ごみよりも安い費用で処分できるところを魅力に感じてもらい、粗大ごみではなく、業者に声をかけてもらおうという目論見でしょう。
工具の類には、鉄などの金属がたくさん使われていますし、壊れたからと処分されるものでも、専門科による修理がされれば、また使える物もあるかもしれません。
粗大ごみに出してすべて壊されてしまうよりは、資源を有意義に活用することにもつながるのです。
業者としては、引き取る物があればあるだけ収入になりますので、粗大ごみよりも安い料金で引き取ってくれるわけです。
中には、引き取り料もいらないというところもありますので、大阪で工具を引き取ってくれる業者がいないか、住んでいるところの近くを中心に探してみるといいでしょう。
案外、近くにいくつか見つかってきて、これはラッキーと思える結果になるかもしれません。

業者がオススメの理由

業者なら、行政の粗大ごみ収集料金よりも安い引取り料で引き取ってくれる可能性が高い他、すぐさまごみにならないこともオススメしたい理由です。
集めて回る業者は、自分たちが集めて回ってきたものを引き取ってくれる業者とつながりがあります。
引き取ってもらうことで、収入になる仕組みです。
引き取る業者は、まだ使える物はリサイクル品として、中古品が欲しい人向けに整備してまた市場に出します。
もう使えないという状態でも、工具に使われている鉄その他の資源を取り出し、再利用できるようにします。
つまり、どちらに転んでも、何らかの形で使わなくなった工具はリサイクルされるということです。

行政と業者の違い

行政の粗大ごみの場合は、なにもかも専用のパッカー車で粉砕しながら、まとめて集めてしまいます。
当然のことながら、混載ごみになってしまい、その後の分別にもお金がかかります。
特定の収集日にさまざまな不用品を集めて回らなければならない行政としては、分別したいのは山々だけれど、作業効率を考えると致し方ないというところなのでしょう。
その点、トラックで集めて回る業者なら、そのままの形で引取り業者に引き渡せますので、その後のリサイクルが容易になるというメリットがあります。
お世話になった電動工具だけに、またどこかで役に立つようになれば、あるいは部品だけでも再利用されれば、その方がうれしいに決まっています。

時には買取してもらえる可能性も

粗大ごみよりも安い料金で引き取ってもらえるのが魅力の不用品回収業者ですが、値打ちのある物に関しては買取をしてくれるところもあります。
電動工具はDIYブームもあって需要が多く、中古でいいからほしいという人は大勢います。
趣味として始めたいけれど、続くかどうかわからないので、とりあえず工具の類は中古でいいという考えのもと、需要が生まれています。
確かに、真新しいチェーンソーを買ったはいいけれど、結局続かず、新品のまま処分というのではもったいない話です。
逆を言えば、新品を買ったけれど、やっぱり自分には無理だったというとき、少しでも買ったときの代金を取り戻せたらうれしいはずです。
無料で引き取ってもらえたら、処分するのに費用が掛からなくてラッキーと思いますが、さらに状態が良ければお金を出して買い取ってくれるとなると、買い取ってくれる業者を選ばない手はありません。
買い取った品は、当然売らなければ業者に利益はありませんので、必ずどこかで誰かが買って、使ってくれると確信できます。
大阪でチェーンソーの処分をするには、これくらいさまざまなことを考えてやらなければならないと肝に銘じてから、購入する必要があるといえそうです。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091