topicsお役立ち情報

ゴミ回収に強くなるためのお役立ち情報

東淀川で不要品になったテレビを回収してもらう5つの方法

繁華街に近い東淀川で回収してもらう方法

繁華街である難波に近い東淀川は、遊ぶところもお買い物をするところもたくさんある便利な地域です。
難波や日本橋の家電街にはいくつもの家電量販店がありますから、テレビの新製品が出ればついつい欲しくなってしまうのではないでしょうか。
新製品を買ったなら、これまで使っていたものを処分しなければなりません。
廃棄する以外で、不要品となったテレビを処分する方法は5つあります。
それぞれの方法をチェックしてみて、どの方法が良いのか考えてみましょう。
まず考えられるのは大阪市に回収してもらうことですが、大阪市では収集はもちろん、回収の代行も受け付けていません。
ただ、家電リサイクル法対象品目の出し方のアドバイスや相談は受け付けています。
もし、どうやって処分すればいいのかわからない時は、大阪市の環境局に相談してみましょう。
家電リサイクル法で規定されている処分方法のやり方を教えてくれるはずです。
大阪市に頼ることができないとしたら、他にどのような処分方法があるのでしょうか。

自分で指定引き取り場所に持って行く

載せることができる車と持って行く時間があるのなら、指定引き取り場所まで持って行ってはいかがでしょうか。
指定引き取り場所の場所とは、メーカーの指定引き取り場所のことです。
家電リサイクル券センターで検索すれば、どこに指定引き取り場所があるか検索することができます。
家電リサイクル法では、メーカーそれぞれが指定引き取り場所を設置することになっていますがそれではあまりに非効率です。
家電リサイクル法では競争原理が働くように、それぞれのメーカーに指定引き取り場所の設置を義務付けているものの、いくつかのメーカーが同じ場所に指定引き取り場所を設置してはいけないとは規定していません。
そのため、実際には、それぞれのメーカーが連携して指定引き取り場所を設置しています。
指定引き取り場所に持って行く場合は、どの指定引き取り場所に持って行ってもかまいません。
大阪市に住んでいるから、大阪市にある指定引き取り場所しか持ち込めないということはありません。
都合が良いのであれば、隣県の指定引き取り場所に持って行ったとしてもまったく問題なく引き取ってもらうことができます。
ただ、指定引き取り場所に持って行く時は、事前に郵便局でリサイクル料金を振込んでおきましょう。
振込用紙(家電リサイクル券)に必要事項を書き込めば、郵便局で振込むことができます。
リサイクル料金を振込んだなら、振替払い込み請求書兼受領証と振替払い込み受付証明書を忘れずに受け取っておきましょう。
振替払い込み受付証明書は、引き取ってもらいたいテレビに貼りつけそのまま指定引き取り場所に持って行けばOKです。
指定引き取り場所にはAグループとBグループがありますから、どちらに持って行けばいいのか事前に調べておいたほうがいいかもしれません。
大阪にある指定引き取り場所の多くが、Aグループ・Bグループの両方から指定を受けていますから、大阪にある指定引き取り場所に持って行く場合はそれほど気にする必要はないでしょう。
気になる場合は、指定引き取り場所に持って行く前に、事前に電話などで確認しておくことをおすすめします。
指定取り引き場所では、荷下ろしは自分で行う必要があります。
大型トラックなども出入りしていますから、安全に荷下ろしができるように係員の指示に従って荷下ろししてください。
14型ぐらいのサイズなら荷下ろしも簡単でしょうが、20型以上になると女性ではかなり厳しいかもしれません。
29型以上になると男性でも厳しいでしょうから、画面サイズが大きい場合は手伝ってくれる人を探す必要があります。
指定引き取り場所に持って行くのなら、自宅の外に持ち出せるのか、車に載せることができるのか、荷下ろしは大丈夫かなどきちんと考えておきましょう。
自分で持って行けそうにない時は、許可業者に持ち込みを依頼することもできます。
許可業者に依頼する場合は、運搬料金が必要になります。

電気屋さんで引き取り交渉

新しく買い替えるのなら、電気屋さんで引き取りの交渉をしてみましょう。
難波あたりの家電量販店なら、こちらから引き取り交渉をしなくてもスタッフから言ってくれるはずです。
スタッフは皆慣れていますから、こちらが言わなくてもどんどん引き取りの手筈を整えてくれるはずです。
新しい製品を持ってきてもらう時、不要品を引き取ってもらえばほとんど特別な手間をかけることなく持って行ってもらうことができます。
ただ、電気屋さんに引き取ってもらったとしても、リサイクル料金と運搬費用がかかるのは許可業者に依頼した場合と同じです。
リサイクル料金と収集運搬費用を合わせるとかなりの金額になることがありますから、交渉もせずにそのまま支払うのは少し待ったほうがいいかもしれません。
すべて支払ってしまう前に、交渉の余地がないか少し話してみましょう。
もしかしたら、収集運搬費用を少しぐらい割り引いてもらうことができるかもしれません。

引っ越し時に他の不要品と引き取ってもらう

引っ越しを機に処分されるのであれば、引っ越し業者を賢く利用することも考えられます。
最近は、引っ越し業者でも、不要品の回収サービスを提供しているところがあります。
引っ越しとは別サービスということになっていますが、他の必要ないものと一緒に引き取ってもらうことでお得に処分することが可能です。
家具や家電など、不要なものが多いほど1個当たりの費用を抑えることができます。
それに、引っ越しサービスの一環であるため、他の業者に依頼するよりお得な料金で引き取ってくれるところもあります。
引っ越しを機に処分したい方は、引っ越し業者を利用することを考えてみましょう。
思っていたより安く引き取ってもらうことができるかもしれませんよ。

回収業者に引き取ってもらう

民間の業者の中には、とても良心的な価格設定で引き取ってくれるところがあります。
リサイクル料金も必要ないところもあるため、安く引き取ってもらうことも可能です。
リサイクルするならリサイクル料金が必要なはずなのに、どうしてリサイクル料金が必要ない業者があるのでしょうか。
それは、リサイクルするのではなくリユースされるからです。
リユースとは再使用のことで、代表的な例としてビール瓶などがあげられます。
部品交換や修理をすれば使えるものを引き取り、必要な部品交換や修理を行い中古品として販売するわけです。
リサイクルショップに似ていますが、違うのは国内で販売することもあれば海外で販売することもあるという点でしょう。
日本で修理をすると高くついてしまうため、海外で修理を行い海外で販売することが多いようです。
安く引き取り修理をして付加価値を付け、それを値段に上乗せして販売するわけですから理に適っています。
それに、リサイクルよりも、全体を再利用できるリユースのほうが地球環境のためになるのではないでしょうか。
まだまだ使えるものなら、海外の人であっても欲しい人に長く使ってもらったほうが商品としても幸せでしょう。
しかし、そういう良心的な業者ばかりではありません。
家電リサイクル法の対象品目ですから、安いからといって適当な処分をすることはできません。
業者に依頼するのなら、なぜ安くできるのか納得できるところを選びましょう。
以上、5つの方法の紹介でした。
この中で、どの方法がいいのかじっくり考えて選びましょう。
もちろん、他にも良い方法がないわけではありませんから、自分なりの良い処分方法を考えてみてください。

ジャンル別お役立ち情報はこちらから

業界最大8つの無料サービス

  • 搬出作業費

    0
  • スタッフ追加(追加1名まで)

    0
  • 車両費

    0
  • 出張費

    0
  • 階段料金(1階上下まで)

    0
  • 梱包作業費(当社指定範囲内)

    0
  • 家具移動(同フロアー内1点まで)

    0
  • エアコン取外し(エアコン回収の場合)

    0

plan不用品・粗大ごみ回収プラン

Select Plan単品回収プラン

少量のゴミや特定のゴミの処分に最適なプラン

fixed Plan定額積み放題プラン

大量のゴミや引越時不用品処分に最適なプラン

Optionオプションサービス料金

不用品以外のベッドの分解や
家具移動など、ゴミ処分以外のお手伝い

reference priceご利用料金目安表

Area基本対応エリア

エリア外の回収もご相談可能!
お気軽にお問い合わせ下さい!

contact無料お見積り・ご相談

不用品回収専門店【パワーズ】
「安さと安心をお約束」

365日 夜7時まで受付中!
0120-54-0091
tel06-6100-0039
fax06-6100-0090
24時間 365日受付中!
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円
一人暮らし向け軽トラ積み放題プラン 今だけ期間限定特別価格3千円

このプランの詳細を確認

TEL.0120-54-0091